鎌倉であやかしの使い走りやってます

鎌倉であやかしの使い走りやってます

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

父親の経営する人力車の会社でバイトをしている、大学生の真。二十歳の誕生日を境に、妖怪が見えるようになってしまった彼は「おつかいモノ」として、あやかしたちに様々な頼まれごとをされるようになる。曖昧で厄介な案件ばかりを押し付けてくる彼らに、真は振り回されっぱなし。何かと彼を心配し構ってくる先輩の風吹も、実は大天狗! 結局、今日も真はあやかしたちのために人力車を走らせる――

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
アルファポリス
掲載誌・レーベル
アルファポリス文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2020年03月13日
紙の本の発売
2020年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

鎌倉であやかしの使い走りやってます のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月21日

    大仏クッキーとクレープ気になる!お話も不穏な雰囲気を残したまま気になる感じで終わってる。人力車ってなんか気恥ずかしくて乗ったことないけど、鎌倉に行ったら乗ってみたいなと思ったり

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

アルファポリス文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング