詩としての哲学 ニーチェ・ハイデッガー・ローティ

詩としての哲学 ニーチェ・ハイデッガー・ローティ

作者名 :
通常価格 1,815円 (1,650円+税)
紙の本 [参考] 1,870円 (税込)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

プラトンによれば、ソクラテスは、「……とは何か」と問うた。「正義とは何か」「美とはなにか」。真理を捉えるための「知性」や「理性」を最も重要な心の働きとする西洋哲学の伝統が、ここから生まれた。
これに対して、本書は、「想像力」を優位におく思想に着目する。イギリスのロマン主義者からはじまって、アメリカのエマーソンに継承され、ニーチェ、ハイデッガー、ローティにつながる系譜である。
真理は定まっていて、「理性」や「知性」は、それをあるがままに捉える能力だとするのが、プラトン的「理性主義」だとすれば、「想像力」とは、新たな見方、捉え方を創造する力である。これをローティは、「詩としての哲学」と呼んだ。
デカルト、カントなど、理性主義の変遷をも検証しつつ、「詩としての哲学」の可能性を問う力作。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社選書メチエ
ページ数
216ページ
電子版発売日
2020年02月10日
紙の本の発売
2020年02月
サイズ(目安)
3MB

詩としての哲学 ニーチェ・ハイデッガー・ローティ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月16日

    絶対的なもので束縛する哲学ではなく、創造する哲学を。
    それを著者は詩としての哲学と呼ぶ。

    本当のサブタイトルは、「ロマン主義・ニーチェ・ローティ」だろう。

    他書で冨田先生からローティ哲学の良さを教えてもらったにもかかわらず、その後、勝手に見くびってしまい、本書でまたその価値を再発見できた。やはり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています