弥生、三月

弥生、三月

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

『同期のサクラ』『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』など数々の大ヒットドラマを生み出した稀代の脚本家・遊川和彦監督、
波瑠×成田凌主演で話題の映画を、オリジナルエピソードをまじえ完全小説化!

ずっとどこかであなたのことが好きだった――
運命で結ばれた二人の30年を
3月だけで紡ぐ激動のラブストーリー

高校時代、互いに惹かれ合いながらも親友のサクラ(杉咲花)を病気で亡くし、
想いを秘めたまま別々の人生を選んだ弥生(波瑠)と太郎(成田凌)。

子供の頃描いた夢に挑み、それぞれ結婚して子供が生まれ……。
しかし人生は順風満帆ではなく、ふたりは運命の渦に翻弄されていく。
交通事故でプロサッカー選手生命を断たれ、家族と別れた太郎。
災害に巻き込まれて配偶者を失った弥生。
絶望のなか、心の中で常に寄り添っていたのは互いの存在だった。

そして30年の月日を超えて届いたのは、亡き親友・サクラからのメッセージ――。

昭和、平成、令和と時代をまたぎ、
運命に翻弄されながら、
それでも運命を信じたふたりの30年。
3月31日、物語のラスト、人生の意味に涙する――。


●●●映画版 2020年3月20日(金)公開!●●●

全国東宝系ロードショー

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
徳間書店
掲載誌・レーベル
徳間文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2020年02月07日
紙の本の発売
2020年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

弥生、三月 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません
    購入済み

    弥生、三月❗️ 青春の思い出

    HIRO 2020年04月22日

    作者と同じ年齢ですが、私も、環境としては、同じような人生を、歩んで来た気がします❗️しかし、もう、あの時代には戻れなく、もう少し大人になっていれば、弥生と一緒になれたのかなぁ~と、思いましたよ❗️田舎に帰ると、彼女のいた家の前を必ず通りますが、もうそこには、家はありません❗️

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月09日

    太郎、桜、弥生の3人が登場する話。
    桜は若い時にAIDSの病で亡くなる。
    太郎は、夢だったサッカー選手になり
    弥生は、夢だった教師になる。
    しかし、2人の夢は瞬く間に、絶望の淵に陥ることになる。
    そんなとき、桜の父親から
    桜が残したテープレコーダーを聴く機会を2人は得る。
    果たして、その後の2人の反...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月20日

    主人公たちと同学年、という事になる私。共感できる部分は大きく、ストーリーも悪くはないとは思ったが。
    映画を小説に落とし込んだためだろうか、少々薄っぺらいような印象を受けた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

徳間文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング