とことんあそんで でっかく育て 柴田愛子流「りんごの木」の保育 春夏秋冬

とことんあそんで でっかく育て 柴田愛子流「りんごの木」の保育 春夏秋冬

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
紙の本 [参考] 1,760円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ちょっと保育につかれたら、くすっと笑えて、ぐっと心に響く、柴田愛子先生のエッセイで元気を充電しませんか?そして、“やらねばならぬこと”を少しだけ放棄して、子どもたちとあそんでみれば、きっと子ども本来の姿や育ちが見えてくるはずです。本書は「りんごの木」での保育エピソードを通して、あそび込むことで生まれる好奇心や探究心、問題を自分たちで解決していく姿などが、愛子先生の温かい眼差しで語られています。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
世界文化社
掲載誌・レーベル
PriPriブックス
ページ数
148ページ
電子版発売日
2020年02月15日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
62MB

とことんあそんで でっかく育て 柴田愛子流「りんごの木」の保育 春夏秋冬 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年08月21日

    忙しいとき、保育が苦しいとき、ここに戻ってきたい。いつでも。
    大人も子どもも、自分のままでいること。子どもに添うこと。

    今あんまり好きじゃない保育をしてしまっているところがあって、胸が痛んだ。
    全部こんな風にはできないのが悔しいけど、できるところからやってみよう。
    りんごの木みたいなミーティング、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

PriPriブックス の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング