開業から3年以内に8割が潰れるラーメン屋を失敗を重ねながら10年も続けてきたプロレスラーが伝える 「してはいけない」逆説ビジネス学

開業から3年以内に8割が潰れるラーメン屋を失敗を重ねながら10年も続けてきたプロレスラーが伝える 「してはいけない」逆説ビジネス学

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

脱サラをしてラーメン店を開こうとする人は後を絶たず、年間の出店数は3000店を超えるというデータがあります。それだけ競争が激しい世界で、新規オープンから3年以内に潰れるお店は8割にも達すると言われています。
本書はさまざまな失敗を重ねながら、今年(2019年)で10年目を迎えた『麺ジャラスK』の店主であり、プロレスラーの川田利明さんが、現役時代に購入したベンツを売り払ってわかった〝俺だけの教訓〟を余すことなく披露。成功のための「してはいけない」逆説ビジネス学を辛口で伝えます。

「しょっぱなからこんなことを書くのもなんだけど、この本を読んで〝こんなに大変なら、やっぱりラーメン屋になるのはやめよう〟と思ってくれる人がいてくれたほうが、俺はいいと実は思っている。こんなに成功する確率が低いビジネスに、人生を賭けてチャレンジするなんて、本当に無謀なこと。チャレンジというより、これはもうギャンブルだからね」(著者より)


【目次】
第1章 「デンジャラスK」が「麺ジャラスK」に“転職”した理由
第2章 ラーメン屋は四天王プロレスばりに過酷な世界だった!
第3章 そして、俺はベンツを3台、スープに溶かした……
第4章 個人経営店の難敵! ラベリング効果と大手チェーン店の奇策
第5章 それでもラーメン屋になりたい人に教える『俺だけの王道』辛口10箇条!


【著者プロフィール】
川田利明 (かわだ としあき)
1982年全日本プロレス入団。
三沢光晴さん、小橋建太さん、田上明さんとの闘いは〝全日本プロレス四天王〟と呼ばれ、全国のプロレスファンを大いに興奮させた。
現在、選手としてはリングから遠ざかっているが、2018年からは自身初プロデュースとなる『Holy War』を開催。プロレス界の発展に尽力している。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
ワニブックス
ページ数
208ページ
電子版発売日
2019年12月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

開業から3年以内に8割が潰れるラーメン屋を失敗を重ねながら10年も続けてきたプロレスラーが伝える 「してはいけない」逆説ビジネス学 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月14日

    プロレスラー川田利明氏のビジネス本。

    ラーメン店、飲食店の起業に関する苦労や失敗談がこれでもかと書かれていて、サラリーマンとして名刺に守られて働くことがいかに恵まれていたかがわかる。

    川田利明氏のファンなので手に取ってみたが、起業に関する苦労、特に経済面での苦労はこれでもかと言うくらい書かれてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月18日

    元プロレスラーがラーメン屋になって10周年たった話です。すべて話し言葉で書いてあるのでとっても読みやすいです。所々にプロレスネタも挟んでありプロレスファンもきっと楽しめると思います。最初から最後まで一貫してラーメン屋は儲からないからやめろやめろと連呼しています。それでも何故か興味が湧いてしまう不思議...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月01日

    全く持ってキツい。ラーメン屋は絶対やらない。

    全日本プロレスの川田利明というネームバリューで、かつ本人が厨房に立ってこの状況は正直難易度が高過ぎでしょう。

    これでもかという失敗談がわかりやすく、5章の俺だけの教訓でしっかりまとめている。なお、後書きは必読。

    ちなみに私も友人と一度行ったことがあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月22日

    「ごつごつしているけど、好きな本」

     文章はうまくない。でも味がよい。

     自分の筆力を棚にあげていうのはなんだが、この本もそんな一冊だ。

     プロレスファンだが、著者の川田利明氏の熱烈なファンだったことは一度もない。

     しかし、「川田選手が出てくる試合は間違いなく面白い」。ひいきの選手が勝とう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月08日

    レスラーだった川田さんがラーメン屋の経営で10年続いた事の主に苦労した、大変だった所に特化したビジネス書。
    通読して思ったのが、ラーメン屋の経営がこんなにも厳しい物だったのかと。
    わたしは福岡出身なので関東の豚骨ラーメンの店に良く行きますが、確かにチェーン店意外だと家族か1人でやってるところが多い印...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月17日

    2009年、三沢の死にショックを受けてプロレスを休業し
    ラーメン店「麺ジャラスK」を開店した川田
    なんとか10年持たせてきたが
    内実は常に倒産寸前
    カウント2.99の連続だったそのズンドコ経営ぶりを
    赤裸々に暴露する一冊である
    しかしなにより圧倒されるのは展開の巧さだ
    いきなり鼻持ちならない自画自賛...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月16日

    191215.1日で読めてしまった。
    最初にカラー写真があるが、最初読み飛ばしたのに読み終わってから再度眺めてしまった。
    なんやかんやとても良い宣伝本になっていると思う。
    読んだ後はこの店に行きたくなる。
    確かにサイドメニューのこだわりが強く、ビールとサイドメニューだけで粘りたい客の気持ちも分かる。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月08日

    元全日のプロレスラー川田利明が経営するラーメン屋の話。
    個々の話は面白く,川田がラーメン屋を熱心に経営していることはよくわかるが,タイトルにそぐわないように思う。本当は,自分のラーメン屋の話を素直に書きたかったのに,編集サイドで,逆説ビジネス学みたいなタイトルにしてしまったから,全体としてこんな感じ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月06日

    全日本プロレス四天王の一人であり、三沢光晴とのタッグやシングルマッチ名勝負数え唄でも知られる川田利明選手が華麗に転身したラーメン業10周年の裏側について語る本書。

    全日時代は川田利明選手は大好きだったし、特に三沢戦はビデオに録画して50回以上観たほど、当時このプロレスは事件だ!とざわつくほどガチな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月09日

    プロレスラー兼ラーメン屋店主である著者が、いわば失敗談を挙げ、これから商売を始めるならラーメン屋だけはやめておけ、と繰り返し書き綴っている本。
    文章は口語的でとてもわかりやすい。著者のことは名前だけ知っているような状態だったけど、読み進めるうちに人となりが伝わってくるようだった。
    思っていたほどノウ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています