有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 黒い塔の花嫁

有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 黒い塔の花嫁

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

伯母の見舞いを終え、コラリーとフェリックスはサロワへと戻っていた。その翌朝、新市街に宿をとっていたコラリーたちは、リゼットが行方不明になっていると知る。コラリーは慌ててサロワ城へ戻り、マイエに事の真相を問い詰める。だが、真相どころか手がかりさえ、いまだ掴めていなかったのだ。ただ、ひとつの噂が囁かれていた。<黒の塔>の亡霊<黒衣の伯爵夫人>の呪いではないかと…!?

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2019年11月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 黒い塔の花嫁 のユーザーレビュー

レビューがありません。

有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 のシリーズ作品 1~18巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~18件目 / 18件
  • 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 薔薇の埋葬
    「おまえは結婚するんだよ」寄宿舎から戻ってきたばかりのコラリーを、父親は突拍子もない言葉で迎えてくれた。しかもお相手は「ただの幼なじみ」のフェリックス。何が悲しくて、無表情で不愛想、そのくせ思ったことは何でも口にするというこの変人と結婚せねばならないのか。頭を抱えたコラリーだったが、まだ見ぬおじいさまのためと説き伏せられて、仕方なくふりだけすることにしたものの…。
  • 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 お城には罠がある!
    「監獄に入ってもらいたいんだ」ブローデル国の宮殿に呼びつけられたフェリックスに、国王からとんでもない任務が言い渡された。一方、デローリエ氏は、なんとかして孫娘コラリーと、幼なじみであるフェリックスの仲を進展させようと、夏のバカンスをロマンティックな城で、二人に過ごさせようとした。しかも、スパイスに恋敵まで一人配置して。だが、その城がとんでもないところで……。
  • 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 カブラルの呪われた秘宝
    「古いお城に出没する幽霊の正体をみきわめるのよ。おもしろそうでしょ?」と、私立探偵・ボナバンのところにきた依頼を、なんとコラリーが受けてしまった。フェリックスとしては、その城があるという離れ小島になどコラリーを一人だけで行かせるわけにはいかない。身辺警護と称し、無理やりに同行したのだが、その島には先客として、なんとあの大泥棒「シュシナック」がいたのだった!!
  • 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 王国、売ります!
    ブローデル国の反国王派が、現国王の他に正当な王家の血をひくという者を擁し、王位の座を狙っているという。フェリックスは国王の秘書官として、その者と対面するよう南ブローデルへの派遣命令を渋々受けた。なぜなら、そこはコラリーが以前いた女子修道院がある所で、ちょうどコラリーが約一年振りに戻っていたからだった。しかし、そこで現れたのは、またあの「大泥棒」だった。
  • 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 翡翠の眼
    大泥棒・シュシナックの手より、王室の至宝<炎の薔薇>を取り戻してほしい――。国王テランス直々のおでましに、コラリーの旺盛な好奇心がまたまたうずきだした。これぞテランスの思うつぼ。フェリックスは彼女に手を引かせるため、渋々任務を受けることに。一方、一人蚊帳の外のコラリーも、フェリックスの鼻を明かすべく、怪しげな新聞広告を手掛かりに、独自の調査に乗り出すのだが…。
  • 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 奈落の女神
    『探検家アラン・ドロズレー、謎の死』。コラリーの目は一瞬にして、その新聞の見出しに釘付けになっていた。見知らぬ探検家の死に興味を示すコラリーを、疑問に思うフェリックス。そこへ警視庁のダブレー警部が、不気味な木彫りの人形を手にやってきた。どういった人形なのか知りたいという警部に、フェリックスは「アルカイスの呪術師たちが使う呪いの女神像」だと言うのだが……?
  • 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 ふたりで泥棒を
    怪盗<シュシナック>が、殺人罪でローランス警視庁によって逮捕された――。それはコラリーにとって信じがたい話だった。しかし、警視庁を訪れたコラリーとフェリックスが鉄格子の向こう側に見たのは、紛れもなく<シュシナック>の姿だった! <シュシナック>が裁かれる姿なんて見たくない、と戸惑うコラリーを見かねたフェリックスは、彼の汚名をそそぐためにコラリーと動き出すが……?
  • 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 革命はお茶会のあとで
    <シュシナック>殺人疑惑事件でケガを負ったコラリーは、療養を名目に屋敷の自室で監禁同然の生活を強いられていた。彼女は脱出を謀り、一度はフェリックスに見つかるが、どうにか屋敷を抜け出すことに成功する。自由を手に入れたコラリーは、サン・トロペ大聖堂に向かう途中、ふと見上げた塔の窓から、女性が突き落とされるのを目撃してしまう。彼女の見た犯人は、金髪の女性だった!
  • 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 ローランスは猫日和
    コラリーを気に入った王太后は、彼女をテランスと結婚させようと企んでいた。それを察したテランスは、フェリックスに彼女を連れ、ローランスを早々に離れるよう命ずる。そんな中、ボナバンが行方不明だという話がコラリーに伝わる。彼女は、ボナバンの行方を調べるため、フェリックスとともに彼の事務所へと向かった。しかし、そこで見たものは無残に荒らされた事務所の姿だった……!
  • 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 楡屋敷の怪人
    コラリーはフェリックスとともに、ケガをした彼の伯母を訪ねる。しかし、フェリックスがその伯母を怒らせてしまい追い返されるはめに。そんな彼らに、家政婦であるボネ夫人が仮宿にと、遠慮がちに勧めてきたのが、楡屋敷だった。そこは老婦人が一人住む荒れた屋敷で、7年前に殺人事件があったという、「いわくつき」。コラリーは、好奇心を抑える努力をするが、不審な人物を庭先に認めて…!
  • 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 黒い塔の花嫁
    伯母の見舞いを終え、コラリーとフェリックスはサロワへと戻っていた。その翌朝、新市街に宿をとっていたコラリーたちは、リゼットが行方不明になっていると知る。コラリーは慌ててサロワ城へ戻り、マイエに事の真相を問い詰める。だが、真相どころか手がかりさえ、いまだ掴めていなかったのだ。ただ、ひとつの噂が囁かれていた。<黒の塔>の亡霊<黒衣の伯爵夫人>の呪いではないかと…!?
  • 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 影の姉妹
    アニエスを追って、ローランスに戻ったコラリーとフェリックス。しかし、ときすでに遅く、アニエスの計画は始まっていた。リゼットと入れ替わった彼女は、ラクール伯爵と結婚していたのだ。そんな今の状況をどうにかしようとコラリーは考えこみ、愛読書の探偵小説にヒントをみつける。彼女はその物語に倣い、差出人がわからないよう工夫した手紙を使って、ラクール伯爵を呼び出すが…!?
  • 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 踊る王宮の午後
    王太后のひらくお茶会に招待されるコラリー。しかし、その日はフェリックスと里帰りをする予定だった。それでも、王太后にリゼットの後ろ盾となってもらうため、彼女はお茶会へ出席することに…。一方、フェリックスはある嫌疑をかけられ、<シュシナック>を捕らえるべくローランスを発つ。それぞれ、別行動をするコラリーとフェリックス。彼らは知らず、ある人物の思惑にはまっていた…!?
  • 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 緋色の檻(前編)
    衆人環視の中、コラリーとラヴシーンを演じたことで、フェリックスは謹慎処分を言い渡されていた。そんな折、デローリエ男爵はふたりに婚約話を持ちかけるが、彼はその話を断ろうとする。なぜ婚約を受け入れないのか、コラリーは納得できず、フェリックスに問う。話の中から、彼が人間不信の塊だと確信した彼女は、哀しみと怒りを覚える。そして、原因でもある彼の母親を探すと言い出して…!?
  • 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 緋色の檻(後編)
    失踪したフェリックスを捜すため、コラリーと<シュシナック>はエドワードの屋敷に留まっていた。そこでコラリーは、弁護士から少しでも情報を引き出そうと揺さぶりをかけ、彼が何かを隠しているらしいと気がついた!? 一方、エドワードに監禁されたフェリックスは、かつて母親が捕らわれていた部屋でまどろんでいた。安らぎのない悪夢にさいなまれながら…。隠された真実は暴かれるのか!?
  • 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 盗まれた蜜月(前編)
    フェリックスとの結婚が決まり、コラリーは思い描いていた感傷に浸ることなく、式前夜を迎えた。しかし、ここに来て彼女はフェリックスからプロポーズの言葉を貰っていないことに気づく。慌てたコラリーだったが、互いに大切な言葉を交わすと、安心した様子で眠りについた。それなのに、目を覚ました彼女を待っていたのは花嫁衣裳でも、フェリックスでもなく、怪盗<シュシナック>だった!?
  • 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 盗まれた蜜月(後編)
    オアシスを離れたコラリーを待っていたのは、砂漠の過酷な環境だった。疲労困憊して眠っている間に、彼女は人買いに売られてしまう。捕まった先でコラリーは、タヌーフ族のファーティマと再会し、<シュシナック>が死んだと知らされた。そして、事実を自分で確かめるため、コラリーは脱走を図るが…!? 一方、フェリックスはジャバル・アハダルへと急いでいた。そこにコラリーがいると信じて…。
  • 有閑探偵コラリーとフェリックスの冒険 日曜日には探偵を
    風邪で寝こんだボナバンのかわりに、探偵をはじめたコラリー。フェリックスには「探偵ゴッコ」と言われるが、彼女はあくまで人助けのつもりなのだ。それでも、コラリーは自分が解決するだろう難事件を思い、胸をときめかせていた。そんな彼女のもとに、最初の依頼人が現れる。コラリーはフェリックスが見守るなか、張りきって事件に挑むが……!? コラリーが解決する(?)三つの事件簿。【目次】消えたダイ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています