平家物語

平家物語

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

すぐれた古典文学のひとつである平家物語は何故に長くかつ深く日本人の心をとらえてきたのか。その力は一体どこにあるのか。歴史家でかつ古典文学を深く愛好する著者が、時代についての学問的造詣と清新な感覚とによって、平家物語の文学としての本質を追求し、清盛、義経、義仲ら登場人物の人間像とその運命を生きいきと描く。

ジャンル
出版社
岩波書店
掲載誌・レーベル
岩波新書
ページ数
234ページ
電子版発売日
2019年09月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

平家物語 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年11月06日

    『平家物語』研究の基礎文献です。本来、歴史研究者である石母田正が書いた作品論です。これを読まずに「平家」は語れません。『平家物語』の物語の進行にそって、その内容を歴史社会学派の立場で論じていきます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月16日

    平家物語研究の、代表的著作。
    重盛や知盛など、平家の運命を見通す存在、また、清盛、義仲、義経が、中心的な人物となっていること、後白河法皇や源頼朝があまり深く関っていないことなどを指摘してくれます。
    また、女性や王朝裏の駆け引きが上手く描かれていないことや、もとは叙事詩だったのではないかという指摘もあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月10日

    作者の登場人物の捉え方がおもしろくて、平家物語への理解が深まりました。特に、平知盛。前から登場人物の中で1番好きだったけど、どうして好きなのか、説明してもらえました。
    西行や鴨長明といった同時代の遁世者と比較して、平家物語の作者の「人間」に対する興味と愛情を論じていますが、それは同時に石母田正氏のそ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月13日

    文学論もありつつ、歴史としての平家物語のあり方を論じた作品。
    語物としての作品に主眼を置き、違った切り口で攻めているのが面白い。

    昔の学者は博識だということがひしひしと伝わります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月23日

    平家物語という文学を文学史の中で捉えなおした史学的文章であるような印象を受けた。
    私が根本的な興味を抱いてるのは「平家物語に描かれた平家」ではなく歴史の史上の人物としての平家一門だけれども、「史」としての彼らだけでなく、平家が人々にどのように捉えられていたのか、平家の滅亡が人々の中でどのように消化さ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月21日

    [ 内容 ]
    すぐれた古典文学のひとつである平家物語は何故に長くかつ深く日本人の心をとらえてきたのか。
    その力は一体どこにあるのか。
    歴史家でかつ古典文学を深く愛好する著者が、時代についての学問的造詣と清新な感覚によって、平家物語の文学としての本質を追究し、登場人物とその運命を生きいきと描く。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月09日

    平家物語の入門書として本当に素晴らしい一冊。あまりいいことではないですが、これさえ読めば平家物語を読んだ気になれます。

    近年の知盛に関する視点はすべて石母田さんのこの著作が元になっているそうです。彼の知盛論は非常に面白いのですが、一番面白いのはやはり平家物語の「運命論」

    メインストリームの清盛、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月08日

    文学としての平家物語の意義がよくわかり大変面白かった。年代記的なところも文学、主人公がいない、あくまでも平家の滅亡に焦点を当てているなど。とても読みやすかった。依然読んだ、太平記読みと比較しても面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    思いの外、読みやすかった。
    平家物語を知るには、なかなか良いのでは。

    歴史書、文学の専門書…というよりは、平家物語に纏わる筆者の所見・思いが綴られているように思います。
    だから読みやすいのよ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月05日

    昔の本なので、さすがに現在の研究の水準から見て満足できる内容ではないかもと思いながら読み始めましたが、反して現在でもかなり通用しそうな良い内容でした

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています