平家武人伝

平家武人伝

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

大黒柱である清盛を失い、滅亡へと向かう平家。その流れを押し留めることはできないかに思えたが、それでも運命に抗い続けた平家の男たちがいた――。歌の道を進むことを望みながらも、武人として生きる道を選んだ忠度。虜囚の身となるも、後白河法皇との次なる戦いに賭ける重衡。嫡流の血の重圧と戦い続けた維盛。歴史の流れに逆らい、最後の一兵まで戦おうとした知盛……。平家の男たち8人の、颯爽たる姿を描いた連作短編集。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP文芸文庫
ページ数
384ページ
電子版発売日
2019年09月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

平家武人伝 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年02月24日

    平家の公達にスポットを当てた物語。
    滅び行く運命を受け入れるしかない、彼らの気高い生き様・死に様に、美学を感じます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月02日

    平家が滅亡したのは、驕りや公家化などと理解していたが、この本を読んで時代の必然だったのだと感じた。歴史には明確に登場しない、一般の人々(この当時は農民)の世論が統治者を決めている。その意味で、朝廷政治を守ろうとした平家に民意はついてこなかったもであろう。

    清盛の嫡男である重盛の急逝が平家滅亡の直接...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月23日

    私は史実に基づいた物語派で、著者の作品は私の路線に比較的マッチしている。本作品も、人物描写や心情表現など各短編の主人公が良く描かれていると思った。面白かったと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています