迷い家

迷い家

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

昭和20年。疎開先で妹・真那子が神隠しに。11歳の少年・遠野心造は、妹を探し巨大な屋敷に足を踏み入れる。謎の犬「しっぺい太郎」に助けられ、怪異と戦う心造の胸には、いつしか紅蓮の野望が芽生え――

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2019年09月21日
紙の本の発売
2019年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

迷い家 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年09月22日

    第24回日本ホラー小説大賞受賞作。
    もともと遠野物語に登場する迷い家の伝承に興味があり、今市子の「百鬼夜行抄」やその他フィクションで引用されるうちに好奇心が湧いたので購入。
    帯で錚々たる顔ぶれが絶賛しているが、特に宮部みゆきと漫画家の漆原友紀(「蟲師」の作者)が褒めているのは納得。そりゃこの二人なら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月19日

    恐らく好みの問題ではあると思いますが、あまり入り込めませんでした。

    個人的には、

    それ単体では使い勝手の悪い霊宝と、しっぺい太郎をお供に、妖を退治して行くバトルものに徹してしまう、とか(うしおととら、と、ジョジョを足して2で割った感じ)

    第二章の香苗視点のみで話を進めて行く、とか。
    幼少時の疎...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています