ことばを写す 鬼海弘雄対話集

ことばを写す 鬼海弘雄対話集

作者名 :
通常価格 1,936円 (1,760円+税)
紙の本 [参考] 2,420円 (税込)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

独自の世界を展開する写真家の対談集。山田太一、荒木経惟、堀江敏幸、平田俊子、田口ランディ、道尾秀介、青木茂、池澤夏樹の各氏と、写真や人間などについて縦横に語り尽くす。

ジャンル
出版社
平凡社
ページ数
192ページ
電子版発売日
2019年09月20日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
25MB

ことばを写す 鬼海弘雄対話集 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年07月29日

    各界人との対談を通じて鬼海の仕事に迫る本。単なる精神論ではなく「写真のことば性」を確かに写す技術が語られていたように思う。堀江敏幸の漢字とひらがなの喩えが非常に明晰だった。表現とは確かにそこにあるような気がする。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年03月15日

    きかい ひろおと読むのね。
    好きだわ、この人の写真。
    モノクロームで外国が多いけど子ども、風景、
    他の写真も観たくなった。
    対談相手の山田太一目当てで読んだけど、思わぬ拾いもの。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年10月15日

     タイトルを見て即買い。
     内容も実に示唆に富んで面白い一冊だった。 対談相手もトップバッターが山田太一、締めが池澤夏樹。それだけでも読みたいと思えた本だった。

     鬼海氏の作品は「PERSONA」が雑誌などで取り上げられ、その一部を目にしている程度。写真集を通してじっくり眺めたことはなかった。近々...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています