ラグビー知的観戦のすすめ
  • 値引き

ラグビー知的観戦のすすめ

作者名 :
値引き価格 462円 (420円+税) 5月27日まで
通常価格 924円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「ルールが複雑」というイメージの根強いラグビー。試合観戦の際、勝負のポイントを見極めるにはどうすればよいのか。ポジションの特徴や、競技に通底する道徳や歴史とは? 日本初開催となるW杯をとことん楽しむために元日本代表主将が説く、観戦術の決定版!

<目次>
はじめに

第1章 ラグビーをやっているのは、こんな人たちだ
     ~各ポジションのキャラクターがわかればラグビー理解がグンと深くなる~

第2章 ラグビーはこう見ると、よくわかる!
なぜパスを放るのか
なぜキックを蹴るのか
なぜ1対1はビッグチャンスにつながるのか
タックルのあと、グラウンドでは何が起こっているのか
ボール争奪の原則
密集戦の反則はどういうときに起こるのか
ブレイクダウンのもうひとつの見方
中世からの伝統を受け継ぐ「セットプレー」
スクラムとラインアウトのどちらがアタックを仕掛けやすいか

第3章 「世紀の祭典」ワールドカップと、世界ラグビーの勢力図
ラグビーを生んだフットボール
カップ戦の誕生
アマチュアリズムとプロフェッショナリズム
加速度的に成長したラグビー・ワールドカップ
ラグビーの代表選手資格(エリジビリティ)はなぜ国籍だけではないのか
南半球がワールドカップで強い理由
地元開催のワールドカップで、日本代表に期待するもの
ジャパンのライバルたち(アイルランド、スコットランド、ロシア、サモア) ほか

第4章 僕がラグビーを大好きな理由
ラグビー最大の魅力は「多様性」
ラグビーが教えてくれた「議論する」文化
代表チームのキャプテンであることの重圧と喜びを越えて
僕にとってのラグビーは「多面体」である
みんなで「アンセム(国歌)」を歌ってワールドカップを盛り上げよう! ほか

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
スポーツ・アウトドア / アウトドア
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川新書
電子版発売日
2019年09月07日
紙の本の発売
2019年09月
サイズ(目安)
5MB

ラグビー知的観戦のすすめ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2019年12月07日

    難しいラグビーのルールを成り立ちからわかりやすく解説し、自身のキャプテンの経験から苦悩とリーダー論等とても勉強になりした。
    文武両道で高学歴日本代表のキャプテンを務める華々しい人生と思いきや、数々の苦悩を経験した人ということがわかりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月24日

    初心者向けとしては、面白い内容になっている
    個人的には、廣瀬さんの本格的なラグビー本、昨年のワールドカップの振り返り本を読んでみたい

    巻末のアンセム集は面白い試みだと思うが、簡単な歌詞の意味が入っていると、更に良いと思う

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月23日

    ラグビー元日本代表のキャプテンである廣瀬さんが書いたラグビー入門書。本当に超基本的な内容しか書いて無く、ラグビー初心者に対してラグビーを分かりやすく書いてあり、(私も含めた)にわかラグビーファンには最適の入門書だと感じました。

    ただ、後半部分は各国の紹介が中心となり、若干食い足りない内容でもあり、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月14日



    はい
    申し訳ございません
    ただの「にわか」です

    が、しかし本当に面白かったのだワールドカップ!
    初めて1からじっくりラグビーTV観戦をした

    ⁉︎⁉︎むむっ!なんか面白い!
    ルールを一つ一つ知るとどんどん面白くなっていく
    久しぶりの高揚感があまりにも嬉しく、楽しく、幸せで…
    もっと知りたい!と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月12日

    ラグビーの歴史がとてもわかった。

    ルールは単純。
    立ってプレーをする。ボールを持っている人が先頭。

    この二つわかれば充分!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月17日

    テレビ日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」に出てた筆者の写真を見て、惹かれて読みました。
    各ポジション、ルール、サッカーと分かれた沿革など、なかなかおもしろく読めました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年12月22日

    廣瀬さんの本、2冊目です。前著「なんのために勝つのか」とはちょっと違って、ラグビーのワールドカップを見るに当たって、ラグビーの基本的な理念、理念から導き出されるルールと各ポジションの役割、選手の戦術からみる観戦のポイント、ワールドカップを見る上での各チームの特徴など、ワールドカップを見る前に読んでお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年11月09日

    結婚するならフロントロー、お酒を飲むならセカンドロー、親分にするなら第3列、学級委員にするならハーフ団、一緒にサバイバルするならセンター、アイドルにするならwing、何かがあったときに助けてもらうならフルバック
    クリントイーストウッド監督の映画インビタス/負けざる者たち
    ラグビーの代表資格はなぜ国籍...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています