異世界の名探偵 1 首なし姫殺人事件 電子書籍特典付き

異世界の名探偵 1 首なし姫殺人事件 電子書籍特典付き

作者名 :
通常価格 1,265円 (1,150円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【電子書籍には特典として書き下ろしSSを収録】 元警察官でミステリーマニアだった「俺」は、探偵にあこがれて私立探偵となるが、くだらないもめごとに巻き込まれて死んでしまう。 こんなのは本当の俺じゃないんだ。 そう強く願ったことが幸いしたのか、「俺」は記憶を持ったまま異世界の住人として転生し、ヴァンと名乗る。 転生した先は、剣と魔法、そしてモンスターとダンジョンがそこにある、ファンタジーの世界。しかしヴァンは、持ち前の魔術の才能に前世からの知識や記憶を活かして、王都の名門校に入学する。 入学から3年。王女から表彰を受けるほど優秀な成績を収めたヴァンだったが、その表彰式のさ中、惨劇は起きた。不可解と言えばあまりに不可解なこの事件を解決できるものは誰もいなかった。ただ一人、前世ではミステリマニアで「真の探偵」を目指していたヴァンを除いて。剣と魔法の世界に突如として誕生した名探偵の推理がさえわたる「本格異世界ミステリ」、開幕。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
レジェンドノベルス
ページ数
320ページ
電子版発売日
2019年10月04日
紙の本の発売
2019年10月
サイズ(目安)
3MB

異世界の名探偵 1 首なし姫殺人事件 電子書籍特典付き のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年03月20日

    予想外に面白かった。
    魔術を勉強している時代も面白いし、後半の事件も面白かった。
    レオはこのまま出てこないのだろうか?

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年12月23日

    ――

     こりゃキワモノに手を出したかな、と思ったけれど意外と本格で、楽しく読めました。中盤過ぎくらいまで読んだところで、少し進んだ先に一箇所だけ頁端が黒くなってることに気付いてこれはもしや、と思ったら案の定。ありましたよ読者への挑戦状。そういえば久し振りに見たな...

     ネタ勝ち、というか。この...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    全体的に面白かったが、

    wakasagi 2020年01月03日

    全体的にはサクサク読めて面白かったです。
    ただ最後の方が私には微妙に感じました。

    密室のトリックが雑すぎる。
    殺人の動機が曖昧で感情移入できなかった。
    とにかく謎が残りすぎ。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年10月10日

    物語としては楽しく読めた。真犯人はイベントが目立ちすぎて、ちょいと読めてしまうのがもったいないが。さて、それ以上にファンタジーかつ本格ミステリを描くことについて考えさせられた作品だった。

    何でもありの魔術の世界をどう規定するかが問題になるが、本作でみせてるように読者への挑戦状、つまり作者が出てくる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

異世界の名探偵 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 異世界の名探偵 1 首なし姫殺人事件 電子書籍特典付き
    【電子書籍には特典として書き下ろしSSを収録】 元警察官でミステリーマニアだった「俺」は、探偵にあこがれて私立探偵となるが、くだらないもめごとに巻き込まれて死んでしまう。 こんなのは本当の俺じゃないんだ。 そう強く願ったことが幸いしたのか、「俺」は記憶を持ったまま異世界の住人として転生し、ヴァンと名乗る。 転生した先は、剣と魔法、そしてモンスターとダンジョンがそこにある、ファ...
  • 異世界の名探偵 2 帰らずの地下迷宮 【電子特典付き】
    【電子書籍には特典として書き下ろしSSを収録】 「首なし姫殺人事件」を見事解決し、その後も難事件に挑んで、今や「パンゲアの七探偵の一人」にまで選ばれたヴァン。  ある日ヴァンは、元冒険者で、いまはペース国の貴族となった富豪のベントの屋敷に招かれる。そこには8人の名だたる冒険者たちがいた。ベントはヴァンを含む9人に、自身が購入した地下迷宮の攻略を依頼する。その迷宮は「帰らずの地下...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています