こころ食堂のおもいで御飯~仲直りの変わり親子丼~

こころ食堂のおもいで御飯~仲直りの変わり親子丼~

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 671円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

“あなたが心から食べたいものはなんですか?”――味オンチと彼氏に振られ、内定先の倒産と不幸続きの大学生・結(むすび)。そんな彼女がたどり着いたのは「おまかせで」と注文すると、望み通りのメニューを提供してくれる『こころ食堂』。店主の一心(いっしん)が振舞ったのは、むかし結の祖母が作ってくれた思い出の“焼きおにぎり”。懐かしい味に心を解かれ、結は食欲を取り戻す。不器用で優しい店主と、お節介な商店街メンバーに囲まれて、結はここで働きたいと思うようになり…。読めば元気が沸いてくる1冊!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
スターツ出版
掲載誌・レーベル
スターツ出版文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2019年09月09日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

こころ食堂のおもいで御飯~仲直りの変わり親子丼~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年03月16日

    今回は、2回目だったらしく、読み始めてデジャヴ感がすごかった。

    些細な事から食材や手順を推理して、お客を満足支えるこころ食堂。

    「料理」を推理するっていう点では、似ている『鴨川食堂』は、パターンの方がハッキリ決まっているけれど、こちらはそれとは違った感じで店の外で物語が展開したりする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月29日

    表紙の美味しそうな料理の絵につられて購入。

    主人公の持田結(通称、おむすび)は、就職に失敗し、彼氏にも振られるなど、どん底の状況。
    そんな時、知り合ったのが個性豊かな面々で、オネエの響、寡黙なミャオ、そして無愛想な一心。

    一心の運営する『こころ食堂』は、お客がおまかせで頼むと、その時一番食べたい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月24日

    ほっこり〜。
    彼氏に振られ、内定先の会社が倒産し、満身創痍の結。
    倒れたのがそこでよかったね。
    豆大福、GJ!
    思い出の味が、心を救ってくれる。
    しっかし、あの男、許せん。
    ご近所さん響や、店主一心の抱えたものも明らかになっていく。
    ああ、本当によかった。
    料理も、どれもおいしそうだった。
    2作目が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月08日

    食べ物小説しか読んでない気がする…笑
    美味しそうでしたねー。
    夏バテ御膳たべたい。あと月見のぜんざいも。

    ちょっとゆきうさぎシリーズ思い出しました。
    猫もでてくるしねー。

    また続きも読んでみようかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月29日

    こころ食堂シリーズ 既刊2冊

    料理にまつわる色んな優しさをつめた作品。チキンカツの話が切なかった。定食屋に行きたくなるね。

    このレビューは参考になりましたか?

こころ食堂のおもいで御飯 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • こころ食堂のおもいで御飯~仲直りの変わり親子丼~
    “あなたが心から食べたいものはなんですか?”――味オンチと彼氏に振られ、内定先の倒産と不幸続きの大学生・結(むすび)。そんな彼女がたどり着いたのは「おまかせで」と注文すると、望み通りのメニューを提供してくれる『こころ食堂』。店主の一心(いっしん)が振舞ったのは、むかし結の祖母が作ってくれた思い出の“焼きおにぎり”。懐かしい味に心を解かれ、結は食欲を取り戻す。不器用で優しい店主と、お節...
  • こころ食堂のおもいで御飯~あったかお鍋は幸せの味~
    結(むすび)が『こころ食堂』で働き始めてはや半年。“おまかせ”の裏メニューにも慣れてきた頃、まごころ通りのみんなに感謝を込めて“芋煮会”が開催される。新しく開店したケーキ屋の店主・四葉(よつば)が仲間入りし、さらに賑やかになった商店街。食堂には本日もワケありのお客様がやってくる。給食を食べない転校生に、想いがすれ違う親子、そしてついにミャオちゃんの秘密も明らかに…⁉ 年越しにバレンタ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています