タピオカミルクティーで死にかけた土曜日の午後 40代女子 叫んでもいいですか
  • NEW

タピオカミルクティーで死にかけた土曜日の午後 40代女子 叫んでもいいですか

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,019円+税)
紙の本 [参考] 1,404円 (税込)
獲得ポイント

5pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※この作品には販売期限があります。
2019年09月30日を過ぎると販売を終了致します。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「ある土曜の昼下がり、タピオカミルクティーを飲みながら颯爽と歩いていたら、喉に異変が。苦しい……タピオカをバキュームしたとき、まちがって気管に入ってしまったようです。(中略)タピオカブームは、もしかしたら年齢的に上限があるのかもしれないと、涙目でむせながら思いました」(本文より)。40代も半ばにさしかかった辛酸なめ子さんが、日常の思わず叫びたくなる瞬間を、エッセイとイラストで語ります。「『忙しいのに、何てことしてくれたの!』(咳をしながらマスクをしない男性編集者にインフルエンザをうつされて)」「『遺伝子くださーい! クローン作りたい!』(少年合唱団のコンサートで)」「『めっちゃ熱い! めっちゃ怖い!』(参拝客に火の粉がぶちまかれるという、大分の起源不明の祭り『ケベス祭り』に参加して)」……。感動、焦り、欲望、恐怖などを職人芸で切り取った珠玉のエッセイ21編。タピオカのように食感抜群です。どうぞご賞味ください!

ジャンル
出版社
PHP研究所
ページ数
192ページ
電子版発売日
2019年09月06日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
13MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています