吾峠呼世晴短編集
  • 完結

吾峠呼世晴短編集

作者名 :
通常価格 459円 (418円+税)
紙の本 [参考] 484円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

週刊少年ジャンプの俊英・吾峠呼世晴の軌跡―― アニメ化も果たした連載デビュー作『鬼滅の刃』の前身となる『過狩り狩り』、本書のカバーを飾る異色作『文殊史郎兄弟』、掲載当時も話題を呼んだ『肋骨さん』『蠅庭のジグザグ』の読み切り四作品を収録。鬼才・吾峠呼世晴の神髄、ここにあり!!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ジャンプコミックスDIGITAL
ページ数
207ページ
電子版発売日
2019年10月04日
紙の本の発売
2019年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
43MB

関連タグ:

吾峠呼世晴短編集 のユーザーレビュー

    購入済み

    fdhiinxfh 2020年07月27日

    蠅庭のジグザグが個人的には一番好き!笑いもあって主人公のキャラが面白い。主人公が鬼滅の宇髄さん似のイケメン。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月18日

    鬼滅開始前の短編ですね。線が細くて綺麗な絵。
    珠世様と愈史郎ががが。
    世界観はなんとなくつながっててどことなくやっぱり鬼滅。肋骨さんのカッパくんが可愛いよー。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    短編集

    パパさん 2020年10月03日

    面白かった。
    鬼滅の刃が面白かったので読んでみたけど、ひとつひとつが面白かった。
    作品自体は荒削りなものばかりだったけど、どれも連載に持っていけるぐらいのストーリーだったと思います。
    また機会があれば続きを書いて欲しいです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白い‼︎

    はる 2020年05月07日

    ずっと読みたくてなかなか買えなくてやっと買って読むことができました。
    吾峠先生のワールド全開ですごく楽しかったです。
    それぞれどれも面白くサクサクと読めました‼︎

    興味のある方は読んでみるといいと思います‼︎

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    鬼滅の刃の原点

    ユウ 2020年03月13日

    鬼滅の刃の作者の短編集。
    そのものずばり鬼滅の原点になった作品も収録されています。
    しかし、その他の作品にもキャラクターの考え方や戦闘描写に鬼滅の原点を見ることができます。

    勿論作品一つ一つが面白いので一つの本として楽しむのもよし。鬼滅の原点を探る旅として楽しむのもよし。

    一巻で二度...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月31日

    全体的に闇の深さが垣間見える。読み切りばかりなので面白い。
    肋骨さんとジグザグが個人的にお気に入りの話。キャラクターは文殊史郎兄弟と肋骨さんが好き。

    化け物とかそういうのよりマミコさんが一番怖かった。いい人?だったけど。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    吾峠ワールド全開

    ケント 2019年11月23日

    掲載されている話は全部雰囲気が異なるのに、吾峠感満載という矛盾した感想を抱きました。
    個人的には「肋骨さん」が読了感が爽やかでお薦めです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    なるほど

    kulala 2019年10月08日

    鬼滅ファンがよく画力が画力がと言っていたのはこのことだったのね、という感じでした。
    やはり素人感満載でストーリーもまとまってないのですが、鬼滅ファンとしてはレアなもの見れた感じで満足です!!

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ワニ先生、自重して

    かまぼこ 2019年11月22日

    デビュー前からコレですか?!ってくらいにワニ先生です。ワニ先生の雰囲気が好きな人にはたまらない一品。
    登場人物に狂気というか、自分とはまるで違う倫理と論理が適用されてて、それが相容れないのでなく、慈愛で引き結ばれてる感じ。それが心地よくって、また読んでしまう。ファンタジーじゃないのに異界感があり、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    よき

    2020年10月24日

    よき

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています