【感想・ネタバレ】吾峠呼世晴短編集のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年10月16日

『鬼滅の刃』の作者・吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)による短編集。

新人漫画賞への応募作がひとつ、ジャンプNEXT掲載作がひとつ、そして少年ジャンプ掲載作がふたつの計4作品が収録されている。

後に進むほど作品の質が高まって構築力が増すからか、少年ジャンプ掲載作の『肋骨さん』『蠅庭のジグザグ』は特に...続きを読む、変わった雰囲気ながらその世界に引き込まれてしまう。美しい描き込みや、個性的な台詞回しだけでなく、底に美学が流れる少年漫画、といった趣きの作品集。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

面白い‼︎

はる 2020年05月07日

ずっと読みたくてなかなか買えなくてやっと買って読むことができました。
吾峠先生のワールド全開ですごく楽しかったです。
それぞれどれも面白くサクサクと読めました‼︎

興味のある方は読んでみるといいと思います‼︎

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

鬼滅の刃の原点

ユウ 2020年03月13日

鬼滅の刃の作者の短編集。
そのものずばり鬼滅の原点になった作品も収録されています。
しかし、その他の作品にもキャラクターの考え方や戦闘描写に鬼滅の原点を見ることができます。

勿論作品一つ一つが面白いので一つの本として楽しむのもよし。鬼滅の原点を探る旅として楽しむのもよし。

一巻で二度...続きを読む楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月18日

鬼滅開始前の短編ですね。線が細くて綺麗な絵。
珠世様と愈史郎ががが。
世界観はなんとなくつながっててどことなくやっぱり鬼滅。肋骨さんのカッパくんが可愛いよー。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月31日

全体的に闇の深さが垣間見える。読み切りばかりなので面白い。
肋骨さんとジグザグが個人的にお気に入りの話。キャラクターは文殊史郎兄弟と肋骨さんが好き。

化け物とかそういうのよりマミコさんが一番怖かった。いい人?だったけど。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

今につながる物語

Any 2019年12月25日

鬼滅の刃を知ってこそここに原点を感じた。伊黒さんに似てるところとか、不思議な感覚。珠緒さんがいたり。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

吾峠ワールド全開

ケント 2019年11月23日

掲載されている話は全部雰囲気が異なるのに、吾峠感満載という矛盾した感想を抱きました。
個人的には「肋骨さん」が読了感が爽やかでお薦めです。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

ワニ先生、自重して

かまぼこ 2019年11月22日

デビュー前からコレですか?!ってくらいにワニ先生です。ワニ先生の雰囲気が好きな人にはたまらない一品。
登場人物に狂気というか、自分とはまるで違う倫理と論理が適用されてて、それが相容れないのでなく、慈愛で引き結ばれてる感じ。それが心地よくって、また読んでしまう。ファンタジーじゃないのに異界感があり、...続きを読む残酷な現実を突きつけられていながら、それでも癒やされる。おすすめの一品です。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

なるほど

kulala 2019年10月08日

鬼滅ファンがよく画力が画力がと言っていたのはこのことだったのね、という感じでした。
やはり素人感満載でストーリーもまとまってないのですが、鬼滅ファンとしてはレアなもの見れた感じで満足です!!

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

表紙は初期井黒くん?

ひつじ 2020年01月17日

鬼滅の刃にどハマりした結果迷わず購入しました。
表紙が1番推しの井黒くんにそっくりなキャラだったので尚のこと。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月20日

「鬼滅の刃」の作者さんの短編集です。
作風の変化や、鬼滅の刃との共通点を知ることができるいい短編集だと思います。個人的に作者さんは優しい話を書く印象があるように感じました。
「鬼滅の刃」の原案の読み切りも掲載されているので、本作にハマった人にはおすすめしたい短編集です。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

独特なセンス

あて 2019年11月14日

画面に気合いが入っていて見やすい絵。絵柄もストーリーと合っていてよかった。どの作品も主人公が主人公らしくない独特なキャラクターだけど、キャラクターがしっかり決まっていて面白かった。ただ、設定が山盛りで読みづらかったり クライマックスの印象が弱かったり、万人受けはしなそうな印象を受けた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月30日

小数点が付けられないので4にしたが気持ち3.8くらい。
面白くなくはないが面白い!と絶賛できるほどではない。粗削りや未熟な点も目立ち、アングラな作風は万人受けするとは思えない。正直鬼滅が爆発的にヒットしなければ短編集は出なかったと思う。
紙質が本来のジャンプ単行本と違って高級感あるのだが、ちょっとめ...続きを読むくりにくい……。

鬼滅のプロトタイプとなった短編も収録されておりお馴染みのキャラも出演してるので、ファンならこれだけでも読む価値あるのではなかろうか。
しかし敵視点から導入し、主人公(?)の登場が本編の半分以上が経過してからとなるので、設定がわかりやすいとは言えない。世界観の敷居が高い。
他の短編も蟲の異能を宿した性格の尖った兄弟や人の邪気が見える浮世離れした青年など、王道少年誌向けというより、マイナーでマニアック路線が多い。主人公の年齢が高め(十代後半~二十代)なのもあり、 IKKIっぽい印象を受けた(個人の感想)。

登場人物の価値観やセリフ回しは個性的。そしてこの短編集で最も印象に残ったのはマミコさん。言動からして悪役か憎まれ役だと思い込んでたのだが、後の読み切りで再登場した時の発言が素晴らしい。


甘ったれてんじゃないわよ 人のことなんか あんたのことなんか みんな全部どうでもいいのよ
誰かに大事にしてもらおうなんて思うんじゃないわよ
そうしてもらえる人は運がいいの
あんたはそんな運持ってないの
ひねくれてるあんたを 可愛げのないあんたを 今は 誰も大事になんかしてくれないのよ
だからせめて自分くらいは 誰にも望まれてないならせめて自分くらいは
自分のこと大事にしてやりなさいよね

顔も描かれない脇役にこんなずしりとくるセリフを言わせるとは……
根底にある価値観がとてもシビア。
主人公も炭次郎のような良くも悪くもわかりやすいタイプではなく、ダークヒーローやアンチヒーロー寄りのひねくれたヤツが多い。収録作の中ではジグザグが好感触。

……しかし「結婚式帰りに振袖で疾走」は無理がないか?
あの女性が振袖であることに何ら必然性がない。

おそらく「振袖の女の子が首を吊られて落ちる」シーンを描きたいが為のチョイスだったのだろうか、禰豆子の緊縛といい、作者の倒錯的なこだわりを感じる……。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月08日

「鬼滅の刃」以前に発表された読みきり短編集、「鬼滅の刃」の原型となった「過狩り狩り」をはじめ「文殊史郎兄弟」「肋骨さん」「蝿庭のジグザグ」の4編を収録。どの話も設定は違えど、特殊な力を持った(あるいはきっかけを経て受け継いだ)主人公が人を救うために奮闘する姿が彼らの持つ欠落、自己犠牲的な精神、献身的...続きを読むな面と共に描かれています。「文殊史郎兄弟」「肋骨さん」が好きな内容と読後感でした。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

名前が

あばばば 2019年11月12日

名前が良かった。登場人物の。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年10月07日

鬼滅の前身となった「過狩り狩り」を読んでみたくて購入。
…情報量が多すぎて、よくぞここから今の話まで持ってきたと感心する。
絵も、今でこそ味になっているが、この頃は非常に雑。
鬼滅と比べると、全話、イマイチ感が拭えないが、ここから繋がっているんだなと思わせる話ばかり。
マミコさんとじぐざぐか好き。

このレビューは参考になりましたか?