もっと煮え煮えアジアパー伝

もっと煮え煮えアジアパー伝

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

奔放なタイ娘と、列車で向かった国境の町。高校時代からの友人と見上げた、ソウルの雪空。父親の生まれ故郷をたどる旅でも、酒と女に彩られた夜は変わらない……。鴨ちゃんの流れゆく旅の記録と、サイバラ画伯のミもフタもないオモシロ漫画が、同居するアジア紀行。生きる事の意味を考えながら、ますます佳境に! まさに酔いどれ行脚。グダグダになって初めてわかることもある!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
392ページ
電子版発売日
2019年09月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
92MB

もっと煮え煮えアジアパー伝 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    参助というリトマス試験紙は本当に危険すぎだと思う…。
    韓国人全員が日本人を嫌っているわけじゃない
    とは思うが、今まで韓国俳優が日本がダイスキです
    などと言っていると、信用ならんと吐き捨てていた。
    実際そういう人がいることを文面とは言え知ると
    自分の心の狭さを反省したくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月29日

    タイ、韓国、中国で出会った人々たちとのエピソード集。
    西原さんのギャグマンガは相変わらず面白いのだけれど、
    鴨志田さんの文章自体は平板でやや面白みに欠けるような……。
    ギャグマンガにも描かれている様に、本当に重松清に文章の書き方を教わった方が良いのでは?
    もう少しウイットやユーモアに飛んだ表現が欲し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月14日

    60点。アジアパー伝シリーズは、鴨志田穣氏の書く内容はめっちゃくちゃなのになぜかどことなく切ない文章と、西原理恵子氏のひたすらギャグにはしった漫画のコントラストが好き。起こること自体は、どの国でもだいたい同じ(酒飲んで、安飯食べて、女が寄ってきて、また酒飲んで、“だめ”人間と交流する)なんだけども、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています