最後のアジアパー伝

最後のアジアパー伝

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

「死にたい人の顔をしている」と、元ゲリラ兵は僕に言った。博打もへた。商売もまったくだめ。戦場カメラマンとなって、女医に託されたクリスマスプレゼントを戦下の街へ届けようとしたが……。勝手ばかりやっている男たちと、したたかな女たち。強い絆で結ばれたコンビが、徹底的に描き続けた放浪エッセイ、いよいよ完結! 転がり続けて、こんなとこまで来たけれど……ゴールは見えたか?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2019年09月06日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
81MB

最後のアジアパー伝 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ハシダさんをテレビとかでよく見かけた時期に、この本読みたかったな…と思った。朝生とか、いろんなメディアで見ていたハシダさんと、カモちゃんの語るハシダさんのギャップに笑ったり、泣けたり。読み終えると、本当にサヨナラという感じがして寂しいのと、ちゃんと生きなくては…という気持ちになる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ああ。
    西原氏のマンガに鴨ちゃんのいない影を見てしまう。切ないなぁ。
    鴨ちゃんの読みやすくて面白い描き方が好きなんだよ。一気に読めちゃうね。
    ああ、もう読めないのか。。寂しいなぁ。
    2007年9月

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    あとがきの最後の一文に心を打たれました。

    ふと
    「なんだかんだ言っても幸せな男」
    『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』の帯でのリリーさんの言葉を思い出しました。                            

    また、橋田信介先生大好きなわたしには、興味深いエピソード満載でうれしい限りでした...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    紛争地帯を取材する記者の話。
    合間に挟まれる脈絡のない西原マンガがよくわからなかった。

    重い機材をホテル9階の部屋まで運ぶのは大変そうだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    作者の鴨志田さんがお亡くなりになってしまったのでもうこの人の文章が読めないかと思うと寂しくてならない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています