JR九州の光と影 日本のローカル線は再生できるのか

JR九州の光と影 日本のローカル線は再生できるのか

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
紙の本 [参考] 997円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

あの「優良企業」が不採算路線を発表…
なぜ「格差」が生まれたのか?
上場達成の「光」とローカル線削減の「影」。その「矛盾」に迫る!

発足時2,695.1km→現在2,273.0km。さらに、大減便により住民の通勤、通学に大打撃!
多角経営は本業活性化につながらないのか?

■「企業」にとって、「公益」とは何か?
二〇一六年に上場を果たし、独創的な車両や観光列車が注目を集めるなど盤石な経営体制を構築したかに思われていたJR九州も、二〇一七年七月三一日に初めて路線別の利用状況(輸送密度、平均通過人員)を公表。そして二〇一八年三月一七日のダイヤ改正では実際にローカル線の運行本数が住民の生活に支障を来すほどの大減便となり、自治体からの反発で微修正を余儀なくされたのは記憶に新しい。本書では関連事業の隆盛や上場などJR九州の経営が成功した「光」の部分を紹介する一方で、ローカル線の「切り捨て」とも取れる「影」の部分の背景についても分析していく。

【目次】
はじめに
第1章 JR九州の光と影
第2章 数字で読み解くJR九州の経営
第3章 国鉄時代の九州の鉄道
第4章 JR九州の躍進――1987~1990年
第5章 総合サービス企業への変革――1991~1995年
第6章 激化する高速バスとの競合――1996~2000年
第7章 新幹線開業前夜の九州の鉄道――2001~2003年
第8章 新幹線の一部開業と「第二の創業」――2004~2006年
第9章 新幹線の全線開業と輸送体系の再構築――2007~2011年
第10章 上場へ向けた事業の再編――2012~2016年
第11章 株式上場でJR九州は何が変わったのか――2016~2018年
第12章 令和時代の鉄道事業はどうなるのか――2019~2021年
おわりに

ジャンル
出版社
イースト・プレス
掲載誌・レーベル
イースト新書
電子版発売日
2019年08月29日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
17MB

JR九州の光と影 日本のローカル線は再生できるのか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年12月08日

    時代の流れの中で、廃線など痛みを伴う施策を実施しながら上手く多角化を実施していることがよくわかった。
    JR北海道や四国と比べて都市人口などが多いことも経営が好調な要因であると思うが、観光資源を生かした事業やアミュなどのまちづくりなど想像以上に多彩なチャレンジをされている。書籍を読む中でJR九州が強く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています