迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル?

迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル?

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

一昨年、突然京都を襲った大地震。それをきっかけに口を開いた大迷宮からは怪物たちがあふれ出し、当初自衛隊に掃討させようとした政府はそれが有効でないと悟るや、一般人の志願者に迷宮の探索を委ねた。
怪物を倒し、その身体の一部を換金することで莫大な利益を得る現代のゴールドラッシュ。そのリスクは死亡率14%といった数字になって、志願者のもとに返ってくる。
京都・迷宮街。今日もここで様々なドラマが幕を開ける。命を預けるメンバーは、たとえば恐ろしく綺麗な双子の少女。人は様々な思いを持ち、今日も迷宮に降りる――。
Webで好評を博した群像劇に大幅な加筆修正を施し、ついに書籍化。

※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

ジャンル
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
GA文庫
ページ数
312ページ
電子版発売日
2019年08月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル? のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年01月09日

    薦めておきながら(Web版と同人版は読んだが)
    実はまだ読んでいなかったのだった
    感想とかは4巻でまとめて

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月08日

    リアルぅーーーーーー。洞窟に挑む人間たちの異常さを描く、日常からの描写力は恐れ入ります。どんな熟練者にも平等にふりかかる死亡率。息の抜ける時のない探索シーンはたまりません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月31日

    好きですねぇ……WEB版を見つけたとき以来、何回読み返したことか。何度読んでもあきない。私にとってこれは銀河英雄伝説以来のヒットですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月20日

    ★現代日本にモンスターがあふれるダンジョンが現れました!★

    要約すればこういうお話。
    現代日本だけあって、ダンジョンへもぐる事が生活へ繋がっているというなんとも不思議な雰囲気。
    モンスターを倒して、死体の一部を削ぎ取れば現代でも合成が難しい物質成分が豊富に取れるため、現代のゴールドラッシュとも揶揄...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ノロノロ読み進める予定だったのに、手のまめが潰れて痛いから読書でもするぐらいしかできない、という理由で読み進めて終わってしまった!

    webで連載していたモノが本になったよ、です。
    元々は古典ゲームのWizardry#1を元に、現代日本を舞台にして書かれたものなので、迷宮の様子とか、パーティの構成と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月15日

    主人公の真壁を始め訳有りの人間が集まる京都・迷宮街を舞台にした死亡率14%の青春群像劇?
    大地震をきっかけになぜか京都の地下に化け物が自衛隊よりも一般人が有効???
    ファンタジーよりも日記形式や様々な視点から見る迷宮街の様子は楽しく切ない。

    このレビューは参考になりましたか?

迷宮街クロニクル のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 迷宮街クロニクル1 生還まで何マイル?
    一昨年、突然京都を襲った大地震。それをきっかけに口を開いた大迷宮からは怪物たちがあふれ出し、当初自衛隊に掃討させようとした政府はそれが有効でないと悟るや、一般人の志願者に迷宮の探索を委ねた。 怪物を倒し、その身体の一部を換金することで莫大な利益を得る現代のゴールドラッシュ。そのリスクは死亡率14%といった数字になって、志願者のもとに返ってくる。 京都・迷宮街。今日もここで様々...
  • 迷宮街クロニクル2 散る花の残すもの
    『ノーモアクリスマス!』 この世で最も生と死を隔てる壁が薄い場所・迷宮街。そんな迷宮街にも、クリスマスはやってくる。 ひとえに探索者は外の住人よりも派手にイベントを楽しむ。ツナギをクリスマスカラーにしてみたり、「ノーモアクリスマス」と書かれたプラカードを持ってデモ行進をしてみたり。 ただ、クリスマスの福音は、探索者に等しく届くわけではない。 死亡率14%のゴールドラッシュ。今日...
  • 迷宮街クロニクル3 夜明け前に闇深く
    それは迷宮内部の写真から起こした商品スケッチだった。探索者なら一度は目にしたことがある、第一層濃霧地帯の奥にある縦穴のものだ。 その図には後藤が売りたい商品が描かれていた。天井に滑車が据え付けられ、鎖が吊るすのはゴンドラだ。 後藤のアイディアは画期的なものだった。リスクを減らし第四層まで一瞬で移動できる。迷宮内部でのみ産出される不思議な石が金属の強度を高めることも判明し、探索...
  • 迷宮街クロニクル4 青空のもと 道は別れ
    第一層と第四層を結ぶゴンドラの設置。それにより探索者の利便性は格段に上がる「はず」だった。 だが、設置工事は困難を極める。 頼れる仲間に背を預け、その場を切り抜ければ明日がある探索と異なり、工事では一般人の施工者と現場を長期間護り続けなければならない。一方、迷宮に潜む生物たちも、侵略者の行動を見過ごすことはなかった。 手を携え、総力を挙げて探索者に牙を剥く怪物たち。迎え撃ち、そ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています