お城を追い出された王女は、庶民の暮らしを満喫する : 1

お城を追い出された王女は、庶民の暮らしを満喫する : 1

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

絶世の美女と謳われた母と瓜二つの美貌の持ち主である第一王女シルビア。しかし、実の母は早くに亡くなり、父王の後妻からは手ひどい嫌がらせを受ける毎日。ついには、王妃付きの騎士に殺されそうになるが、間一髪で命拾いしたシルビアは、祖父が自分のために密かに遺してくれた一軒家で、のんびりハーブを育てながらハーブティーの店を開くことにする。窮屈すぎる城の生活から解放されたシルビアは、自由な庶民生活を謳歌するが、ある日、意外な人間がお店を訪れたことから、再びシルビアは王家の謀略に巻き込まれていってしまう。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / その他女性向けラノベ
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
Mノベルスf
電子版発売日
2019年08月07日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

お城を追い出された王女は、庶民の暮らしを満喫する : 1 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年02月20日

    絶世の美女と謳われた亡き母とうり二つの顔を持つ王女シルビア。
    亡き母を忘れられない父王には避けられ、後妻の嫌がらせに耐える日々を送っていた。
    そんな中、義妹の見合い相手の隣国の王子がその美貌に、突然シルビアへ求婚。激怒した後妻によって、命を狙われるはめに。
    なんとか命拾いをしたシルビアは、祖父が残し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    シンデレラストーリーではないね

    クニビー 2020年06月27日

    継母にいじめられてお城を追い出されるという、
    よくあるストーリーですが、

    祖父の形見の家でハーブの店を開き、
    逞しく生きていくシルビア。

    王女シルビアの殺害を見逃してくれて
    その後を見守るガジェ。

    恋に発展するのか?しないのか?
    お城に戻るのか?戻らないのか?

    今後が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    面白い

    小夏 2020年03月22日

    内容は継母に嫌われて騎士に殺されかけた王女様が下町で暮らして、監視に来た騎士と恋に落ちるストーリー。
    内容は大変面白かったです。
    一つ大変残念な点があり、イラストレーターの方はこの内容は読まれていないのでしょう、作中の王女様とイラストの王女様は別の方です。
    髪の毛を自分で短くしたシーンがありま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    イラスト

    So 2020年08月08日

    好み問題とは思いますが、好きじゃない。徐々に読む気失せた

    このレビューは参考になりましたか?

お城を追い出された王女は、庶民の暮らしを満喫する のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • お城を追い出された王女は、庶民の暮らしを満喫する : 1
    絶世の美女と謳われた母と瓜二つの美貌の持ち主である第一王女シルビア。しかし、実の母は早くに亡くなり、父王の後妻からは手ひどい嫌がらせを受ける毎日。ついには、王妃付きの騎士に殺されそうになるが、間一髪で命拾いしたシルビアは、祖父が自分のために密かに遺してくれた一軒家で、のんびりハーブを育てながらハーブティーの店を開くことにする。窮屈すぎる城の生活から解放されたシルビアは、自由な庶民生活を謳歌するが、ある日、意外な人間がお店を訪れたことから、再びシルビアは王家の謀略に巻き込まれていってしまう。
  • お城を追い出された王女は、庶民の暮らしを満喫する : 2
    王宮に戻ってほしいという父王の誘いを断り、一庶民としてハーブティーの店の店主として生きていく決意をした元王女のシルビアは、忙しくも穏やかな日常を送っていたが、ある日、従兄のユリウスがいきなり店を訪れる。幸い、シルビアの正体には気づかなかったようだが、何度目かの訪問で、ユリウスはシルビアに王宮で開催される仮面舞踏会の招待状を渡す。どういう意図があるのかわからないまま、シルビアは久しぶりに王宮へ出向くが、舞踏会の最中に、父王が何者かに襲われてしまう。その事件の裏には、幽閉されているはずの王妃の存在が見え隠れし…。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています