吸血鬼に天国はない

吸血鬼に天国はない

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

大戦と禁酒法によって旧来の道徳が崩れ去ったその時代。非合法の運び屋シーモア・ロードのもとにある日持ち込まれた荷物は、人の血を吸って生きる正真正銘の怪物――吸血鬼の少女であった。
  仕事上のトラブルから始まった吸血鬼ルーミー・スパイクとの慣れない同居生活。荒んだ街での問題だらけの運び屋業。そして、彼女を付け狙うマフィアの影。
 彼女の生きていける安全な場所を求めてあがく中で、居場所のないシーモアとルーミーはゆっくりと惹かれ合っていく。
 嘘と秘密を孕んだ空っぽの恋。けれど彼らには、そんなちっぽけな幸福で十分だった。
 人と人ならざる者との恋の果てに、血に汚れた選択が待ち受けているとしても。

 非合法の運び屋と天涯孤独の吸血鬼の共棲を描くファンタジーロマンス、開幕。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 電撃文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2019年09月10日
紙の本の発売
2019年08月
サイズ(目安)
15MB

吸血鬼に天国はない のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月19日

    非合法の運び屋と天涯孤独の吸血鬼。
    ジャンルはファンタジーロマンス。
    大戦と禁酒法によって旧来の道徳が崩れ去った時代。
    嘘と秘密を孕んだ空っぽの恋。

    心理描写が好物な自分にとってこの作品は的を得ていてサクサク読めました。
    怪物に恋したって良いじゃないか。ちっぽけな幸福だろうがだからこそ大きな幸福を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月11日

    禁酒法時代のアメリカを舞台に運び屋と吸血鬼の恋を描く。
    アメリカン・ニューシネマを彷彿とさせるような退廃的な雰囲気と厭世的な主人公の独白が作品の味。
    この作品が上手いのは周りの全てを主人公の主観で説明している点。読者の心理が丁寧に語られる主人公の心情とリンクしているおかげで、後々の展開の衝撃に惑わさ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月05日

    吸血鬼を名乗る美少女・ルーミーと街の運び屋・シーモアと突如始まった奇妙な同居生活
    そんな中起きたシーモアの常連であるマフィアの死で、シーモアはルーミーの意図の気づき、、、という話

    ただ、あらすじにあるような「ゆっくり惹かれ合う」ような描写は薄い
    そもそもシーモア視点で描かれ、ルーミーの心の変化をう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月06日

    魅力的な点もあるが展開が主人公の思考だけで進んでいくので結構分かりにくい。もっと分かりやすく感動させてほしかった。、

    このレビューは参考になりましたか?

吸血鬼に天国はない のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 吸血鬼に天国はない
    693円(税込)
    大戦と禁酒法によって旧来の道徳が崩れ去ったその時代。非合法の運び屋シーモア・ロードのもとにある日持ち込まれた荷物は、人の血を吸って生きる正真正銘の怪物――吸血鬼の少女であった。   仕事上のトラブルから始まった吸血鬼ルーミー・スパイクとの慣れない同居生活。荒んだ街での問題だらけの運び屋業。そして、彼女を付け狙うマフィアの影。  彼女の生きていける安全な場所を求めてあがく中で、居場...
  • 吸血鬼に天国はない(2)
    「「ハッピーニューイヤー」」    降りしきる雪とともに訪れた新年。吸血鬼ルーミーを因縁と陰謀の中から救い出し、日常へと回帰したシーモア。騒々しい運び屋仕事の中で、二人はぎこちなくも幸福な日々を送っていた。  だがそんな日常も長くは続かない。  マフィアに追われ、逃げ込んできた双子のバーズアイ姉妹。人を傷つけないと誓ったことによって、徐々に迫り来るルーミーの飢えの限界。  緩や...
  • 吸血鬼に天国はない(3)
    「お兄ちゃんも真面目に生きて、天国を目指そうって気になってきたんですか?」  個人でやっていた運び屋を、会社として運営し始めて早一月。恋人のルーミー、そして社員として雇い入れたバーズアイ姉妹たちとともに仕事を回す日々。経営は苦しいながらもシーモアは、情報屋のフランから「真面目」とからかわれるような幸せに浸っていた。  だがある日シーモアのもとに捜査官から、ルーミーのもとに殺人...
  • 吸血鬼に天国はない(4)
    続巻入荷
    『死神』との戦いも乗り越えて、より一層の愛を深めたシーモアとルーミー。傍目にも仲睦まじく、なにより明るく素直に愛情を振りまくルーミーの姿は、出会った頃からの大きな変化を感じさせるものだった。  そしてもう一つ、変化はあった。白昼を切り裂いた夜空と、日の中を飛んでいく吸血鬼。あの日、怪異が多くの人の目に留まった。そして世界の理の箍が外れたように、これまで隠されてきた無数の怪物た...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています