精密への果てなき道 シリンダーからナノメートルEUVチップへ

精密への果てなき道 シリンダーからナノメートルEUVチップへ

作者名 :
通常価格 3,069円 (2,790円+税)
紙の本 [参考] 3,410円 (税込)
獲得ポイント

15pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

蒸気機関シリンダーの寸法のムラをなくせ! 産業革命期に生まれた精密の概念を極度の高みに引き上げた技術者や、フォード、セイコー、インテルなどの企業の奮闘を描きながら、微細の極限を目指すテクノロジー物語を綴る。知られざる技術史を明かすマスターピース

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
早川書房
ページ数
480ページ
電子版発売日
2019年08月20日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
23MB

精密への果てなき道 シリンダーからナノメートルEUVチップへ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年06月06日

    非常に読みにくい日本語だったが、読み物としては非常に面白かった。
    「精密」の歴史についてわかりやすく述べられていて、精密さのレベルに応じた逸話も面白いものが多かった。
    精密さを求めすぎることに対しての批判も述べられていたが、「工学」の視点によるものであり、そのアンチとして日本の手作りでの時計職人の話...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年11月11日

    現代社会が如何に精密工学に寄っているかを、技術史の観点で詳述。
    ヒトでは感知しえないレベルにまで、水準が進んでしまっている中、本当にどこまでやらないといけないんだろう、という疑問というか余韻が読後に残る。
    一方、最後の10章はまるまる日本。精工舎の工場見学の結果のあれこれと、人間国宝という制度がある...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています