東京懐かし写真帖

東京懐かし写真帖

作者名 :
通常価格 1,210円 (1,100円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

15歳でカメラを手にしてから、70年近く、家業の洋食店の仕込みが始まる前の早朝、自転車で都内あちこちに出かけ撮りためたネガは数万枚。下町の街角や庶民の日常を切りとった写真は、図らずも戦後復興、東京の変貌の記録となった。「平成」が幕を下ろし、2度目の東京五輪を控える今、過ぎ去りしあの頃を懐かしみ、ノスタルジーに浸ることのできる、格好の一冊。
幼い頃に見た古き良き日本や東京の情景。著者の撮る写真には、記録性、技術の確かさに加え、温かい眼差しが感じられ、ほかに得難いものとなっている。それはひとえに、著者自身の、浅草の片隅で日々フライパンを振っている庶民の視点、温かい人柄、年齢を感じさせない感性の瑞々しさにほかならない。読売新聞都民版で8年300回を数える名物連載「秋山武雄の懐かし写真館」から、選りすぐりの写真150点あまりと江戸っ子の語り口を通し、今は失われた、思い出の時代が甦る。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
趣味・実用 / カメラ・ビデオ
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書ラクレ
ページ数
320ページ
電子版発売日
2019年07月12日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
87MB

東京懐かし写真帖 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年11月10日

    1937年生まれ洋食店主のかたわら趣味で都内の写真撮影したネガは数万枚。その中から厳選、読売新聞の連載コラム。

    店主の江戸っ子の語り口と今となっては戻らない懐かしい風景の数々。洋食店の仕事の合間を縫って撮影を趣味に。良くぞと思う失われた景色、一般庶民の生活。

    路地裏の子供たちや近所を挨拶して回る...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月05日

    読売新聞都民版の「秋山武雄の懐かし写真館」から、素敵な72本を書籍化した一冊。
    著者が長年撮りためた写真を眺め、江戸っ子お爺さんのお話を直接聞いているような気分になれました。
    年齢を問わず、昔の東京を楽しめると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月24日

    読売夕刊連載記事のうち72本を抽出。
    たしかに懐かしい写真のかずかず。よく撮り続けたもの。私と一回り違いか。このまま100歳越えの写真家を目指してほしいもの。
    ただ、個人的に若干暮らした場所が違うので完全には没入できない。家人は近所なので懐かしく楽しんでいるよう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月30日

    文章が語りかけるようでとても親しみやすかったです。何気ない風景を切り取っているのがとても良いです。、

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています