古代日中関係史 倭の五王から遣唐使以降まで

古代日中関係史 倭の五王から遣唐使以降まで

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

607年、日本は隋の煬帝に「日出ずる処の天子」で名高い書状を送る。以後、対等の関係を築き、中国を大国とみなすことはなかった――。こうした通説は事実なのか。日本はアジア情勢を横目に、いかなる手段・方針・目的をもって中国と交渉したのか。本書は、倭の五王の時代から、5回の遣隋使、15回の遣唐使、さらには派遣後まで、500年間に及ぶ日中間の交渉の軌跡を実証的に、「常識」に疑問を呈しながら描く。

ジャンル
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書
ページ数
296ページ
電子版発売日
2019年07月12日
紙の本の発売
2019年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
12MB

古代日中関係史 倭の五王から遣唐使以降まで のユーザーレビュー

    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年05月02日

    古代の日本と中国の「関係」を仏教文化などに注目しつつ通説を、切っていくような本で。昨今の中公新書歴史ものらしく骨太でかつ斬新。特に白眉は遣隋使を対等外交でなく、やはり朝貢に近いものであったとする点である。このあたりについてはやはりまだ多くの論者が出てきてほしい部分であるが、確かに筆者の見解に従えばス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年04月18日

    <目次>
    第1章  倭の五王の時代~「治天下天王」の中国南朝交渉
    第2章  遣隋使の派遣~「菩薩天子」への朝貢
    第3章  遣唐使の一五回~一代一度、朝貢の実態
    第4章  巡礼僧、海商の時代~10世紀、唐滅亡後

    <内容>
    思った内容ではなかったが、まずまず読めた。割と事実が淡々と語られる。もう少し突...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています