習近平の敗北 - 紅い帝国・中国の危機 -

習近平の敗北 - 紅い帝国・中国の危機 -

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

◆香港の大規模デモはなぜ起きたのか!!気鋭のジャーナリスト福島香織が紐解く!
◆最後に9のつく年は必乱の年。必ず乱や厄災が起きる。

1919年五四運動、1949年中華人民共和国建国、1959年チベット動乱、1969年中ソ国境紛争、1979年中越戦争、1989年6月4日天安門事件、1999年法輪功弾圧、2009年ウイグル騒乱、そして2019年……。

◆政変、動乱、分裂、台湾有事、食糧・エネルギー危機、バブル崩壊、米中衝突、人口問題…中国を襲う9の厄災

◎今世紀最悪ともいえるウイグル弾圧
◎節目をむかえるチベット
◎宗教の中国化政策という異常
◎中国がしでかした4つの経済失策
◎シロアリにむしばまれた大木
◎豚でも皇帝になれる共産党体制
◎軍事クーデターの可能性も

■静かな全人代にみる“習近平の敗北”
・民主化よりも毛沢東的手法を選んだ習近平
・米中対立の本質
・少子高齢化が中国をむしばむ
・AI顔認識監視カメラによる支配は「1984」の世界
・各地で起こり始めた“農民の反乱”
・鄧小平システムの破壊者
・香港の中国化による爆発
・退役軍人デモ
・嫌われ習近平に漂う政変のにおい
・中国の本当のGDP成長率は1・67%、もしくはマイナス成長
・原発事故はいつか中国でおきる


【プロフィール】
福島香織(ふくしま かおり)
ジャーナリスト/中国ウォッチャー/文筆家
1967年、奈良市生まれ。大阪大学文学部卒業後、1991年、産経新聞社に入社。上海復旦大学に業務留学後、香港支局長、中国総局(北京)駐在記者、政治部記者などを経て2009年に退社。以降はフリージャーナリストとして、ラジオ、テレビでのコメンテーターも務める。
主な著書に『潜入ルポ 中国の女』(文藝春秋)、『本当は日本が大好きな中国人』(朝日新聞出版)など多数。
Twitter:@kaori0516kaori

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 政治
出版社
ワニブックス
ページ数
352ページ
電子版発売日
2019年07月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

習近平の敗北 - 紅い帝国・中国の危機 - のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月25日

    足で稼いだ情報が多い。
    取材源を秘匿する必要上、確定的な情報を得ていたとしても、伝聞調だったりぼかして書いたりせざるを得ないのは仕方ないのかな、と。

    読者の関心のありそうなテーマごとに一応区切って書いてはいるが、それぞれ断定的な口調ではないので散漫な印象は残ってしまう。
    ただ、これは著者の責任とい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています