死神とエプロン

死神とエプロン

作者名 :
通常価格 539円 (490円+税)
紙の本 [参考] 693円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

現代の死神業は、ブラック職種!人遣いの荒い上司に酷使され、次々とターゲットをあの世に送っていた西野。その甲斐あって、ノルマの10人斬り達成まであと一人というところまでこぎ着けた。しかし、最後のターゲットは西野が現世で結婚していた最愛の女性だった。生前の記憶は奪われていた西野だったが、ターゲットと接するうちに、死神に芽生えるはずのない感情が次々と現れはじめ……。記憶をなくしても人は同じ人を愛することができるのか!?

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2019年07月05日
紙の本の発売
2019年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

死神とエプロン のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月10日

    ものすごいブラック企業だな。と死神の職場を見ると思ってしまう。何のためにやっているのかも分からないと辛くなることもありそう。そんな職場(?)で働く西野が、自分が遺した妻のところに派遣される話。死神なのだから、命を取ろうとするのだろうな。と思いながら読んでいたけれど、それを忘れるくらい楽しそうに料理を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年09月23日

    死神の仕事とはいえ、自分の奥さんを死なすのは
    違和感を感じました。テンポが悪く、なんとか読み切り
    ました。連作短編ではないので、読みにくかったです。
    「幸福堂書店はじめました。」は面白かった
    のですが、作風が変わったのかな~

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年08月19日

    上司が変わった理由とか、会社のシステムとか今ひとつよくわからなかった。わからなくてもラストには何の問題もなかったけど……。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています