新版 社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった

新版 社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「ミーティングとは話し合いでなにかを決めること。評論家はいらないんだ」。
東京ディズニーランドのアルバイトを通して、ヤンキー少年が社会人として成長し、
さらに企業の現場教育をするまでになった体験をまとめた一冊。

・いちばん大切なことは何か
・サービスは掛け算
・一人ひとりにそれぞれストーリーがある
など
20万部のベストセラー★
愛され続けるサービスを支える『ディズニースピリッツ』

彼女にミッキーマウスと一緒の写真を撮ってあげたい?
そんな軽い気持ちでアルバイトを始めた高校生男子(ヤンキー)がディズニーランドの文化、
キャストの先輩たちの姿勢、ウォルト・ディズニーの教えから学んだ働くこと、
教えること、本当のサービスとは―。


ディズニーランドで働いていた頃の私は、
自分からこうしたい、こうなりたいと思って始めたことが波乗り以外なかった。
すべて周りの人から言われたことをやっていただけでした。
そんな自分が誰かの役に立てていることが素直にうれしく感じた。

もし、タイムマシーンがあったら、あの時の自分に
「今は叱られてムカつくかもしれないけど、未来で変わるから腐らずにいこうぜ」
って声をかけてあげたいです(笑)

仕事の根底にある本質のところは時代が変わっても変わらず生き続けているはず。
その本質『働くこと・教えること・本当のサービス』を感じていただけたら最幸です。


■目次

プロローグ 迷ったらなにで判断するのか

第1章 「働く」って、こういうことなんだ
 ディズニーランドで働き始めたのはほんの軽い気持ちから
 「怒る」のではなく「叱る」ということ
 ほか

第2章 「教える」って、どういうことなんだろう
 最初に受けた感動は絶対忘れないんだよ
 教えないことが逆にトレーニングになることもあるんだ
 ほか

第3章 「本当のサービス」って、なんだろう
 “ひと握りの勇気”も大切なサービスなんだ
 本当にお客さまを大切に思うなら
 ほか

第4章 テーマパークはいろいろなことを教えてくれる
 自分の言っていた「サービス」って
 本当の自分と直面させられる
 ほか

■著者 香取貴信

ジャンル
出版社
あさ出版
ページ数
248ページ
電子版発売日
2019年07月05日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

新版 社会人として大切なことはみんなディズニーランドで教わった のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年11月08日

    ディズニーランドのホスピタリティの素晴らしさについて語った本はたくさんあるが、現場で働いたことのある人のリアルな感想が正直に書かれていて、驚いた。最初は先輩キャストたちがニコニコしていて正直気持ち悪かった…とか、ルール違反をしてしまったときの叱責の言葉の乱暴さとか(笑)
    会話文が多いので、漫画を読ん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています