まあまあふうふう。

まあまあふうふう。

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日々のこと。
仕事のこと。
そして、生きること。

新たな時代を迎えて、今なお輝き続ける名女優・八千草薫さんのフォトエッセイ。
どんな時も、一生懸命に、楽しく、そして“いい加減”に人生をまっとうしたい──。
そう豊かに歳を重ねている彼女の「自分らしい」生き方を綴った一冊です。

*まあまあふうふう……馬馬虎虎。中国の故事成語で「いい加減」「なおざり」という意。
八千草さんはこの言葉が好きで、「(ちょうど)良い加減」と解釈し大切にしている。


【目次】
「歳をとる」のは誰もが初めて。──まえがきにかえて──

1章 日々のこと。暮らしのこと。
「ま、いいか」で、いい加減に。/心には、ユーモアを添えて。/「馬が合う」から上手くいく。
着る服は、自分で選ぶ。/「役に立たない」から、毎日豊かに。/ものは、捨てない。
生きものと暮らす。/ぶらぶらと、5000歩。/「転ばないように」を考えすぎない。
みんなと同じものを、ゆっくり食べる。/スキンケアは、引き算で。
ついつい、夜更かし。/寝る前に「神様、ごめんなさい」。

2章 山のこと。自然のこと。
山に、入る。/何もしない山の暮らし。/うさぎ小屋。/不便を楽しむ。

3章 芝居のこと。仕事のこと。
「欲がない」からこそ、丁寧に。/女優への入り口は、空想少女。/「私らしさ」に執着しない。
昔の仕事は、振り返らない。/歳を重ねたから、深く考えられる。
ちょっとだけ、無理をする。/ちょっとでも、怠けない。

4章 歳をとること。生きること。
できれば、何も遺さずに。/病気も「まぁ、しょうがない」。/病院でも、できることは自分で。
私らしく、演じたい。/迷惑をかけるようになったら。/転移しても、お腹はすく。
大事なことだからこそ、正直に。/人は、「忘れる」生きものだから。
上手く溶け合って。/今を、きちんと生きる。

小さなところで、幸せに、楽しく。──あとがきにかえて──

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
主婦と生活社
ページ数
132ページ
電子版発売日
2019年06月28日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
23MB

まあまあふうふう。 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年08月28日

    八千草薫(1931.1.6~2019.10.24 享年88)著「まあまあふうふう。」2019.7発行。馬馬虎虎(まあまあふうふう)、中国の故事成語で「いい加減」という意味だそうです。米寿を迎え、昔よりしんどくはなったけど、犬と猫と、そして庭に来る鳥たちとまあまあ楽しく暮らしていますと。歳をとるという...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月16日

    迷って買った割には、一気に読ませて頂くことができました^^ 自分にとって、最適な時に読ませて頂くことができたのだと思います(*'▽') とても素敵なエッセイです(^^♪ ちょっとだけ無理して、八千草薫さんのような生き方ができたらいいなぁ・・・と、思います☆彡

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月22日

    大好きな八千草さんの本。
    まるで優しく語りかけてくれるような文体。
    あのチャーミングな笑顔と声が自動的に脳内再生される。
    御病気されていたことも影響、こんな言い方は不謹慎かもしれないけれど、“遺言”のようなそんな書きぶりのページも散見した。
    でも全然悲観的じゃなくて。かといって必要以上に励ますような...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月30日

    八千草さんの生き方は、誰かに評価されるものではなく、
    幸せだったのだなと、ただ想いを寄せています。

    人生は、もっとこうしたらよかった、ああしたらよかったの連続。
    しかたない。
    ただ、今をとことんやれば、納得してまた前に進める。

    すべての命あるものが愛おしくなりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月06日

    八千草さんの優しいお顔の裏には、頑張ることに躊躇しない強さがあったのだなぁと思った。
    「まあまあふうふう」、良い加減で考えて、昔や先のことに囚われずに、今を生きる、という姿勢。
    乳がんから始まり、膵臓、肝臓と転移をしていく闘病の中にあって、「こうなってしまっても仕方ない。今をしっかり生きよう」という...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月11日

    最後の最後まで、真面目な人だなと思った
    私に似てるとも。考え方とかね。

    何歳になっても、不安とかもっと出来たのにああしたらって思うんだろうなぁ
    この方は特別高級ななにかとかより、本当にいいものとか、本質を見て生きてきた方なのではと思う。

    そして女優という仕事を、精一杯やってきたんだな。頑張りすぎ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月05日

    柔らかな雰囲気が魅力的な女優さんでしたが、内面はとても強いものを持たれていたのだなと…。88歳といえば米寿。最後まで現役で、素晴らしいと思います。憧れです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています