「面白い!」のつくり方
  • 値引き

「面白い!」のつくり方

作者名 :
値引き価格 660円 (600円+税) 11月30日まで
通常価格 1,320円 (税込)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

SNSを使った言葉によるコミュニケーションや、写真や動画の加工・投稿などを通して誰もが自己表現をするのが普通になった現代。
みんなに「いいね!」と言われるものをシェアしたいと思ってはいるものの、面白い表現(=みんなに注目される魅力ある表現)をする自信なんてない、という人が大半ではないでしょうか。

本書はそうしたみなさんに向けて、「自分なりの」面白い表現を生み出すためのメソッドを提供します。

自分の面白さのツボがどこにあるのか知るための「面白さの地図」。
自分が無意識に惹かれている面白さを抽出するための「面白さの観察」。
そして、その面白さを言語化した「面白さの法則」。
これであなたも、自分ならではの「面白いアウトプット」ができるようになります!

仕事を、日常を、人生を、もっと楽しくしましょう。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / マーケティング・セールス
出版社
CCCメディアハウス
ページ数
260ページ
電子版発売日
2019年07月05日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

「面白い!」のつくり方 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年08月20日

    面白さ、の地図はなかなか興味深かった。
    余裕が無いと面白いことは見つけられない。まずは歩きスマホをやめて、スマホにとらわれる時間を減らし、余裕を確保してみようかとおもう。それだけで人生は面白くなるなら、なんて簡単なのことだろう!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月04日

    『面白い』という事について分析
    そうする事で自分にとっての面白さのツボや
    人はどれが面白いと感じるのかがわかる

    芸人になるわけじゃないけれど
    人生において『遊び』がある方が余裕が生まれてうまく行く

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月12日

    SNSでも仕事のメールでも服装でもごはんのメニューでも、そこにはなんらかの自己表現があるはずで、もっと言えば、何気ない会話にだってそれはある。そしてその自己表現の中に少しだけでも「面白い」をプラスできたら、毎日がちょっと楽しくなるはず…。という意図がある本です。表現は、自分本位ではなく、相手の気持ち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月29日

    面白い」=「人を惹きつける何らかの魅力がある

    自分と『同質』であることに感じる面白さ=『共感』による面白さ」、「自分と『異質』であることに感じる面白さ=『差別』による面白さ」という風に整理をしました。こうして見てみると、「共感」と「差別」の違いというのは、自分を基準とした「目線の違い」にすぎないと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月14日

    おもしろさというものを分解していることがおもしろい。自分は、笑える差別的なものが好きなんだとわかった。関連付けや、ずらしってまあまあ自分が日頃から意識していることだなと思ったり、この本自体に趣のある共感を覚えてたり。
    過去の自分が作ったものを見ても、おもしろいと思えるものって、余裕があった時に作った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月22日

    企画が面白いか、面白くないか、のディスカッションがあり、その際に、たまたまこの本を見つけたので、購入。「面白い」のいろいろなカタチ、その作り方について説いていて興味深い。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年04月07日

    面白いをわかりやすくカテゴライズしてたのは良かった。
    ただのhow to本ではなく、おもしろいの観点を持ってしてどんな人生を送るべきか。

    今後の社会の中でなにが大切になるのか、作者のバックグラウンドコミコミで伝えてくれているのは個人的に気持ちよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています