十津川警部捜査行 車窓に流れる殺意の風景

十津川警部捜査行 車窓に流れる殺意の風景

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

事件の発端は、テレビに出演していた女占師・永井不二子の予言だった。東北地方のどこかで、大きな列車事故が起きるという。予言はマスコミの話題をさらうが、これに危惧を抱いた鉄道会社の社員は十津川警部に相談する。十津川は部下の北条早苗刑事に命じ、ひそかに女占師の周辺を調べさせると、謎の男の存在が…傑作トラベル・ミステリー集! 十津川警部vs.女占い師。絶景の果てまで犯人を追え!【収録作品】臨時特急を追え/東京―旭川殺人ルート/夜の殺人者/越前殺意の岬

ジャンル
出版社
実業之日本社
掲載誌・レーベル
実業之日本社文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2019年06月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

十津川警部捜査行 車窓に流れる殺意の風景 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年07月28日

    〇人間味も情景もあふれるが事件には変わりない。
    最近出た本だが、若干内容的には古いものも入っている。しかし良さが語り継がれているということだろう。4つの短編集。

    ・臨時特急を追え
    占い師永井の予言に対策したい国鉄総裁の北野は十津川に相談する。そんな中新たな予言が行われ――突飛な発言はどう仕組まれた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています