人生は、棚からぼたもち!―86歳・料理研究家の老後を楽しく味わう30のコツ

人生は、棚からぼたもち!―86歳・料理研究家の老後を楽しく味わう30のコツ

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「60歳からは、やったもん勝ち!
好きなことをやらなかったら、100年生きたって意味がない!」
「あさイチ」などでおなじみのシニアの星、86歳現役料理研究家の痛快人生レシピ。

俺のモットーはよく食べ、楽しく飲んで、大きな声で笑うこと。
そして、好きなことを我慢せずにやること。

定年までの俺の人生は順風満帆とはいえなかった。
樺太で生まれ、子どものころは戦争で生死をさまよい、北海道で炭鉱に就職。
結婚したけど離婚、シングルファーザーになって男手一つで子どもを育てた。

うまくいかないことだらけでやけくそになったこともある。
大酒がたたり、大病も患った。

だけど70歳のとき、くすぶっていた俺の人生が一変した。
それは、人助けのつもりで発した「俺が手伝おうか?」の一言がきっかけだった。

そこから、ワクワク、ドキドキの毎日がぼたもちのように転がってきたんだ。
それからは「人生、いまがいちばん楽しい」と思うようになった。

年だからできない、やらないは、年寄りの大病だ。
そんな考えは早く捨てたほうがいい。
年だからやる! 先がないんだから!

【この本の特徴】
・家族、お金、健康、生活習慣、恋愛など、老後を豊かに過ごす30のコツを痛快なエッセイとともに紹介
・60歳から無理なくライフシフトするためのヒント、定年後を笑顔満開で過ごすヒントが満載!
・定年後から人生が花開いた著者ならではの、納得感ある言葉の数々がしみる
・前半は笑って泣ける物語、後半は生きるのヒントが満載の2部構成
 第1部:60歳まで波瀾万丈な「まさるの人生劇場」
 第2部:まさる流「老後を楽しく味わう30のコツ」

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
240ページ
電子版発売日
2019年07月05日
紙の本の発売
2019年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

人生は、棚からぼたもち!―86歳・料理研究家の老後を楽しく味わう30のコツ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月07日

    定年後に、息子の嫁さんのアシスタントをしたことから、トントン拍子にテレビにも出ることになり、料理研究家になった小林まさる氏の人生論。
    無理せず、前向きに、謙虚にだね。若い人には従い、自分が心地よいと思うことをする。なんでもしてみる。
    人生長いから、楽しく生きなきゃだね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています