「IR」はニッポンを救う!カジノ? それとも超大型リゾート?

「IR」はニッポンを救う!カジノ? それとも超大型リゾート?

作者名 :
通常価格 1,120円 (1,019円+税)
紙の本 [参考] 1,430円 (税込)
獲得ポイント

5pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

デフレ不況、少子高齢化、地方産業衰退……
日本の“危機”を救う、5兆円超のビジネスチャンス到来!!
「2020東京オリンピック」後のBIGプロジェクト・
「IR」(総合型リゾート)のすべてがわかる本!

みなさん! 「IR」のこと、どれだけ知っていますか?

昨年(2018)7月の「IR実施法案」の可決・成立を受け、実質的にカジノを含む総合型リゾート施設の設立が認められることとなりました。

大阪、北海道、長崎、和歌山が区域整備計画を国に申請する予定となっています。

ところが、「IR(統合型リゾート)」という言葉がメディアに取り上げられるようになって久しいのに、その実像をきちんと理解している人は未だ少数派。

「IR」=「カジノ」(もっと言えば「巨大なパチンコ店」)だとの認識さえ根強く残っています。

また反対に、シンガポールやアメリカ(ワシントンD.C.)などでの成功例を挙げ、「日本経済の復活には“IR”が必要だ」という声も多数きかれます。

「外国人訪日数の増加」「新しい雇用の創出」「地元(建設地)の活性化」などが期待され、5兆円を超える経済効果があるという試算もあります―。

「IRとはそもそも何なのか」「誘致した場合、どれほどの経済効果をもたらすのか」「課題はどのくらいあるのか」……。

経済ジャーナリスト・作家のシブチン先生が、「IR」の利点と問題点を客観的な立場から検証し、易しく、かつ優しく解説します。

●「IR」=「カジノ」ではなかった
●世界のIR、その実情は?
●鍵を握るのは外国人による訪日旅行
●目指すはダイレクトインバウンド
●IR三カ所建設で五兆円の経済波及効果
●IRはいつごろ開業するの?
●IR成功のための三つの条件……etc.

本邦初!「IR」(総合型リゾート)を徹底取材した1冊!

ジャンル
出版社
マガジンハウス
ページ数
208ページ
電子版発売日
2019年06月20日
紙の本の発売
2019年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

「IR」はニッポンを救う!カジノ? それとも超大型リゾート? のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています