外法師 孔雀の庭(下)
  • 最新刊

外法師 孔雀の庭(下)

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

新興宗教「孔雀さま」を率いる謎の法師、妙見の罠にはまって術をかけられてしまった玉穂。10歳のまま成長が止まっていた体がみるみるうちに大きくなって、二十歳前後にまでなり……。妙見の肥大した野望が、平安京の滅亡と権力の掌握にあることを知った玉穂は、綺童丸とともに、彼の秘密の鍵を握る播磨の白蓮院まで馬を飛ばすが……。外法師シリーズ、とうとう怒涛の最終章へ突入!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
304ページ
電子版発売日
2019年06月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

外法師 孔雀の庭(下) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年07月22日

    勝手に言われた願い事がかなった後編。
    表紙も登場人物欄も、当然の事ながら大きくなった状態。
    違和感は…ないのですが、しいて言えば髪の長さ?
    そこは年月無視ですか?
    それともとっとと切った??w

    強気を助け弱気をくじく男は、どこまでもそれでした。
    何故にあれほどまで過敏反応してたかも分かりましたし
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

外法師 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 外法師 鵺の夜
    550円(税込)
    時は平安。嵯峨野の山中に住む「水守」の少女玉穂は、火事で父を亡くしたショックで、十歳のまま成長が止まってしまった。父の跡を継いで聖なる井戸を守り、呪術の依頼を受ける暮らしをしている。あるとき玉穂は、都の陰陽師、賀茂道平の訪問を受けた。懐妊中の中宮、妍子が何者かに呪詛されているのだが、実は道平は呪術が使えないのだという。玉穂はさっそく宮中に入り込むが……。
  • 外法師 冥路の月
    550円(税込)
    時は平安。ある夜、呪術を操る外法師の少女玉穂は妙な気配を感じて外に出た。すると神域である星井戸に吉祥天女が現れ、「安貞姫」「朱雀邸」と告げる。安貞姫は藤原道綱の姫君で、最近彼女の住む朱雀邸では火の玉騒動が起きているらしい。怪異の原因を探るため玉穂は屋敷に滞在するが、なぜかいつもの調子が出ない。何者かに術をかけられたと気づいたとき、玉穂の命を狙う者が現れ……!?
  • 外法師 れい鬼の塚
    550円(税込)
    書の代筆の依頼を受け、貴族の屋敷を訪れた玉穂。主の山陰典章は、無官の自分になんとか官位を賜るよう、帝に嘆願書を送るのだという。だが、ちょうど屋敷では法会が行われており、玉穂は本来の仕事を与えられないまま無駄な時間を過ごす。そんなとき、法会を行っていた老僧、行勧が行方不明に。部屋にはおびただしい量の血があふれ、血の海のなかに、行勧の弟子、顕信が倒れていた……。
  • 外法師 髭切異聞
    550円(税込)
    時は平安。外法師の玉穂のもとに、源頼光の家臣・金時が現れた。頼光の姫君・有花里が鬼にさらわれてしまったのだが、折悪しく、金時の同僚の渡辺綱が、鬼を斬る力を持つ妖刀「髭切」を持ったまま行方不明になっているのだという。玉穂は、有花里を助けるために大江山の鬼・酒呑童子のもとにむかうが、そこで鬼同士の抗争に巻き込まれることに!? 特別描きおろしまんがつき! 【目次】外法師 戻橋奇談/外...
  • 外法師 孔雀の庭(上)
    都では、血なまぐさい猟奇殺人事件が立て続けに起きていた。被害者の屋敷の庭にはなぜかいつも青い蓮の花が。外法師・玉穂は、藤原隆家の邸内で青い蓮のつぼみを目撃する。これは偶然なのか、それとも何者かによる謀略なのか? 高原広音とともに事件解明に乗り出した玉穂だが、なぜか呪術がいつものように使えない――。玉穂に最大のピンチ到来か!? 絶好調平安呪術ファンタジー。
  • 外法師 孔雀の庭(下)
    新興宗教「孔雀さま」を率いる謎の法師、妙見の罠にはまって術をかけられてしまった玉穂。10歳のまま成長が止まっていた体がみるみるうちに大きくなって、二十歳前後にまでなり……。妙見の肥大した野望が、平安京の滅亡と権力の掌握にあることを知った玉穂は、綺童丸とともに、彼の秘密の鍵を握る播磨の白蓮院まで馬を飛ばすが……。外法師シリーズ、とうとう怒涛の最終章へ突入!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています