ネットリンチ 悪意の凝縮 (『「電脳マジョガリ」狩り』改題)

ネットリンチ 悪意の凝縮 (『「電脳マジョガリ」狩り』改題)

作者名 :
通常価格 858円 (780円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

そのツイート、大丈夫?
あなたも訴えられますよ。
大学生の翼が巻き込まれた、現代の《魔女狩り》裁判の行方は?

「魔女狩り板」それはあるネット掲示板の通称。目的は、マスコミが実名報道しない未成年犯罪者や違法行為をした匿名ユーザーを吊し上げることだ。大学生YouTuberの翼は、オフ会で知り合った謎の女性・香織に脅され、掲示板の中枢四人の正体を暴くことに。香織の目的は? その憎悪の原因とは――?『「電脳マジョガリ」狩り』改題

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公文庫
ページ数
368ページ
電子版発売日
2019年05月31日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ネットリンチ 悪意の凝縮 (『「電脳マジョガリ」狩り』改題) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月25日

    ゲーム実況のユーチューバーが主人公
    オフ会で出会った女から脅されて
    魔女狩り掲示板の中枢メンバーを突き止めるために協力するはめに
    SNSの怖さを感じることができました
    本書の中のようなことは実際はないとは思いつつ
    でももしかしたらと思うと・・・

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年05月05日

    「数学屋さん」の印象が強い作家さんだったので、このドロドロとした陰惨な内容を想像させるタイトルがすごく意外に感じます。

    そのタイトルから暗い内容なのかと思って読み始めましたが、おもったよりライトな印象。イヤミス的な読後感を覚悟していたので、そこはちょっと肩透かし。裏を返すと読後感は悪くなく、嫌な気...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

中公文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング