マンガに、編集って必要ですか? 1巻

マンガに、編集って必要ですか? 1巻

作者名 :
通常価格 594円 (540円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ドラマ化された『フリンジマン』の実力派、青木U平が描く、中年漫画家と新米女性編集者の「打ち合わせ」コメディ。漫画家・佐木小次郎(45)はキャリア8年目の中堅漫画家。……と言えば聞こえはいいが、この出版不況、ここらで一発当てとかないと次がやばい、そんな正念場に立たされている。そんな時、新しく担当についたのは、マンガ編集1年目の新人女性編集者・坂本涼(24)だった……。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
くらげバンチ
電子版発売日
2019年05月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
33MB

新刊オート購入

マンガに、編集って必要ですか? 1巻 のユーザーレビュー

    購入済み

    漫画家と編集者の微妙な関係

    ナオキ 2020年02月14日

    アーティストとして、クリエーターとしての漫画家の立場と売ってなんぼ当ててなんぼの編集者の微妙なズレと
    お互いの苦悩や葛藤が描かれていて面白い。思わず全巻購入してしまったほど。漫画の好きな大人必見の一冊。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    かじ 2020年02月06日

    タイトル通り、マンガを作る事において編集の必要性を描いている…
    のではなく、漫画家と編集を登場人物とするドラマ、というくらいに受けとりました。
    もう少し創作について描かれているのかと期待して購入したので、残念。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    消化不良感のある作風?

    sin 2019年11月14日

    どこかのレビューでストレスを感じるとあったが、確かに自分もそう感じる部分が多々あった。
    しかし同時にその部分が作品の魅力だとも思うので、そこが合えば好きな作品になるかと。
    あと、試し読み増量を見て購入に到ったのですが、実はそこで話が終わっていてそんな終わり方が結構あるのも自分には合わなかったかな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月19日

    坂口さんにイラっとしたけど、こういう(こっちの気持ちが相手に伝わらず、言えもせずでどうしようもない)状況ってあるよね・・
    漫画家と編集者の関係って、微妙なものなんだな

    で、続きが気になる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月23日

    『フリンジマン』の青木U平さんが描く、
    マンガ家さんと編集さんの、割と生々しい関係。
    ネットや同人で、「編集」という視点を介さなくても
    作品が発表できる現代。マンガ家さんと編集さんの間の
    認識や関係性は大きく変化してきていると思います。
    互いに一所懸命なのに、ズレてしまう。
    お互いへの気づかいや熱意...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

マンガに、編集って必要ですか? のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • マンガに、編集って必要ですか? 1巻
    ドラマ化された『フリンジマン』の実力派、青木U平が描く、中年漫画家と新米女性編集者の「打ち合わせ」コメディ。漫画家・佐木小次郎(45)はキャリア8年目の中堅漫画家。……と言えば聞こえはいいが、この出版不況、ここらで一発当てとかないと次がやばい、そんな正念場に立たされている。そんな時、新しく担当についたのは、マンガ編集1年目の新人女性編集者・坂本涼(24)だった……。
  • マンガに、編集って必要ですか? 2巻
    もう売れないとやばい、崖っぷち中年漫画家・佐木先生(45)は、担当のキラキラ女子編集・坂本さん(24)といまいち会話が噛み合わない。ある日告げられた、連載の打ち切り。無神経な宣告に憤る佐木先生だったが、その裏にある坂本さんの苦悩と熱意を知り、ともに企画を作ろうと決意する。しかしその矢先、坂本さんがまさかの失踪……!? 出版不況、マンガの混淆が進むなか描き出される、いま、マンガをつく...
  • マンガに、編集って必要ですか? 3巻(完)
    仕事を放棄して失踪した担当編集者・坂本さんのマンガへの秘めたる思いと姿勢に触れ、2年ぶりにまた一緒に仕事をすると決めた中堅漫画家・佐木先生。2人にとって、悲願の新連載……その行方は――? マンガにとって重要なのは、ハートか、それとも数字か。業界の変革期に描き記される、等身大の漫画家物語、最終巻。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています