大王
  • 完結

大王

作者名 :
通常価格 990円 (900円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「黒田硫黄氏は、キャラクターやエロに隷属された漫画界にあって、真にセンス・オブ・ワンダーを持った作家である」(大友克洋)



「“きれいな絵”も“きれいなハナシ”もねェ。“きれいなマンガ”があるだけよ」(寺田克也)


「これから騒がれるのは目に見えているが、この新しい才能を無視するマンガ評論家はとっとと廃業するべきだろう。」(よしもとよしとも)

時代を揺るがす注目の漫画家、黒田硫黄。デビュー作を含む唯一無二の傑作マンガ短編集!

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
イースト・プレス
掲載誌・レーベル
CUE COMICS
ページ数
256ページ
電子版発売日
2019年05月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
131MB

関連タグ:

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    短編集。黒田硫黄ってジャンルを問わないからすごい。
    得手不得手がなく、どれもサイコー!と思わせる奇才です。今時いませんこんな人。

    せりふ回し、コマ割り、構成、ストーリー、最後の締めまで、すべてに感嘆させられました。
    ただし、萌えの要素はまったくない。しかし、それがいらんという漫画通にはたまらない一...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    黒田硫黄の描く女性は、どうしてあんなえろくて魅力的なんだろう。
    「わたしのせんせい」は、才能豊かな監督に映画化して欲しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    何度読んでも飽きさせない、セリフの言い回し、緻密かつダイナミックな作画。
    こんなの見た事ないのに、何だか懐かしいような不思議感。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    人生を変える出会いがある。

    とまで言ってしまいたくなるほどの名作「あさがお」。を収録している「大王」は最高。もちろん「黒船」も好きだけど。
    とにかく読んだで「グワァッッ」って蛙みたいに鳴いてほしい。TAIYO-MATSUMOTOよりも秀逸だ。彼は。
    セクシーボイスandROBO」のコミックIKK...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    様々な雑誌に発表した初期の短編を編んだ作品。90年代はこういった短編も定期的に発表する活動をしていたようだ。そういった活動の受け皿も現在より多かったように思う。7年間という長い期間のあいだに発表した作品を収録している割には、筆を使った独特のタッチや牧歌的な絵柄、シュールともいえる独特の読後感というこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月23日

    独特の読後感でおなじみの大王こと黒田硫黄の初短編集
    手塚治虫のメトロポリスのオマージュを読めば画力の高さは頷ける。
    よしもとよしもと共作の「あさがお」が特に良い。
    大人と子供の間で戸惑う若者に頭を抱えながら、一作一作大事に読んで欲しい作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月21日

    巻頭の西遊記を読むのコマ割りが秀逸すぎる!サングラスに映る女性がしゃべるシーンはうめぇなと思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    黒田ワールド。

    個人的に夏象が一番気に入ってる。主人公はボーッとしている女。アパートのお隣さんは象さんで象さんと仲良くなるお話。(一方的なのかも)最後は・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月17日

    氏の描く大コマの迫力はもう少し大判の冊子の方が魅力引き出せるかと思ったり。 読んでるとまるで大阪西成にいるかのような熱気と騒々しさ受けるのは筆致と密度なんだろな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月17日

    ずっと読みたかった黒田硫黄。
    まずは短編集から。

    頭ん中がぐるぐるする。
    マンガのセンスが桁違い。

    「あさがお」がとにかくいい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています