明治日本散策 東京・日光

明治日本散策 東京・日光

作者名 :
通常価格 1,209円 (1,120円+税)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

明治9年、宗教と文化への関心から来日したフランスの実業家ギメ。憧れの地を人力車で駆け巡り、近代日本の目覚めを体感するとともに、消えゆく江戸の面影に愛惜を募らせてゆく。茶屋娘との心の交流、浅草や不忍池に伝わる奇譚、料亭の宴、博学な僧侶との出会い、そして謎の絵師・河鍋暁斎との対面――。のちに東洋学の拠点となる美術館の創始者が軽妙な筆致で綴った紀行を新訳。詳細な解説、同行画家レガメの挿画を収録する。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ソフィア文庫
電子版発売日
2019年04月24日
紙の本の発売
2019年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
46MB

Posted by ブクログ 2019年07月12日

・エミール・ギメ「明治日本散策 東京・日光」(角川文庫)は書名の通りと言ひたいところだが、「散策」が少々違ふやうな気がする。品川、浅草、芝、銀座、ギメはこのあたりを歩いたのだが、特別の目的もなく歩いたとは思へない。本書とはあまり関係のないことだが、個人的には気になるのである。今風に言へば、本書は一観...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています