江戸を賑わした 色街文化と遊女の歴史

江戸を賑わした 色街文化と遊女の歴史

作者名 :
通常価格 1,683円 (1,530円+税)
獲得ポイント

8pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

各地にあった色町の歴史をひも解き、
当時の色町の繁栄ぶりに思いをはせる――

江戸時代には公認・非公認にかかわらず、多くの遊里があった。
江戸吉原をはじめ、品川や新宿などの宿場町、深川や上野などの岡場所、八王子や府中などの旅籠、船橋や潮来などの地方の宿場……
そこには遊女が集い、女色を求めて男が通い、町はにぎわった。

なぜそこが遊里となったのか、どれほど賑わっていたのか、どんな遊女がいてどんな男が遊んだのか、
往時の賑わいぶりを振り返るとともに、現在の様子にも触れながら、江戸時代の“色町”を紹介していく。


【目次】
■序章 遊女・遊郭の歴史
遊女の祖先は誰か?
なぜ江戸幕府は遊郭を公認したのか?・・・など

■第1章 宿場町の女
宿場町が遊女町として栄えたわけ
吉原に匹敵するにぎわい――品川・・・など

■第2章 寺社町の遊女
寺と神社と遊女と客
寛永寺の門前町――上野・谷中・・・など

■第3章 川沿いの遊女
川・海と遊女
“こんにゃく島”と呼ばれる遊里――新川・・・など

■第4章 吉原の遊女
吉原はどこにあったか
吉原はどういう町だったか・・・など

■第5章 地方の遊女
成田街道一番の宿駅――千葉
江戸と東北を結ぶ水郷の遊里――常陸・・・など

■第6章 陰間茶屋の男
江戸時代の男色事情
歌舞伎の少年のアルバイト――日本橋・・・など

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
カンゼン
電子版発売日
2019年04月05日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
65MB

江戸を賑わした 色街文化と遊女の歴史 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています