THE TEAM 5つの法則

THE TEAM 5つの法則

作者名 :
通常価格 1,567円 (1,425円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

●偉大なチームに必要なのは「リーダー」ではなく『法則』だ

「個」の重要性が叫ばれている今。そこからさらなる成長・脱却を遂げるためには、個と個をつなぐ「チームワーク」が重要だ。

しかし、私たちは正しいチームづくりを教わったことがあっただろうか――。

本書は経営コンサルタントとして数多くの組織変革に関わってきた著者が、Aim(目標設定)、Boarding(人員選定)、Communication(意思疎通)、Decision(意思決定)、Engagement(共感創造)という5つの法則をもとに、成功するチームとはなにかを科学的に解明した、チームづくりの決定版だ!

「『THE TEAM』というタイトルには、チームの法則の決定版を届けたいという思いと共に、読んでいただいたすべての読者の方が「あなたのチーム」をつくれますようにという願いを込めました。 今こそ「チームの法則」によって、ドラマや映画の中では当たり前のように起こる「チームの軌跡」を自らのチームで起こせるようになることを祈っています。」
(本文「はじめに」より)

●各界から絶賛の声

「この本を読めば、私たちがいかにチームを知らないかがわかる。
『チームの法則』を知れば、それだけで突き抜けた場所に行ける」
(山田進太郎 : メルカリ会長兼CEO)

「自分のチームづくりがいかに整理されていなかったか、情けなくなった。
もっと早くこの本に出会えていたら」
(岡田武史 : 元サッカー日本代表監督・FC今治オーナー)

「この本は、チームに関する知の結晶だ。
この一冊に何冊もの学術書の知見が詰まっている」
(中原淳 : 立教大学経営学部教授)

●目次

はじめに 売上、時価総額を10倍にした「チームの法則」

チームを科学する
誰もがチームを誤解している
この国に必要なのは、チームという武器
チームの法則がもたらせた奇跡 他

第1章 Aim(目標設定)の法則~目指す旗を立てろ!~

「共通の目的がない集団」は「チーム」ではなく「グループ」
「目標を確実に達成するのが良いチームだ」という誤解
意義目標がなければ作業と数字の奴隷になる 他

第2章 Boarding(人員選定)の法則~戦える仲間を選べ~

チームで最も大切なメンバー選びとメンバー変え
チームは必ず4つのタイプに当てはまる
人が入れ替わるチームは本当に駄目なのか?
チームには多様性が必要だという誤解
「ゴットファーザー」より「オーシャンズ11」型のチームが強い 他

第3章 Communication(意思疎通)の法則~最高の空間をつくれ~

実はチームのコミュニケーションは少ない方がいい
ルール設定の4つのポイント
コミュニケーションを阻むのはいつだって感情
「理解してから理解される」 という人間関係の真実
「どうせ・しょせん・やっぱり」がアイデアを殺す
己をさらして心理的安全をつくり出す 他

第4章 Decision(意思決定)の法則~進むべき道を示せ~

誰も教えてくれない意思決定の正しい方法
「独裁」vs「多数決」vs「合議」
「正しい独裁」はチームを幸せにする
独裁者が持つべき「影響力の源泉」

第5章 Engagement(共感創造)の法則 ~力を出しきれ~

超一流でもモチベーションに左右される
モチベーションを科学する~気合いで人は動かない~
チームのどこに共感させるか
エンゲージメントを生み出す方程式

[特別収録]チームの落とし穴~あなたのチームは足し算か、掛け算か、割り算か?~

[最終章]私たちの運命を変えた「チームの法則」

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
NewsPicks Book
電子版発売日
2019年04月02日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

THE TEAM 5つの法則 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月18日

    チーム運営について、経験論ではなく学術的な知見をもとに、「法則」という形で汎用性・再現性のある運営方法を提唱した一冊。

    法則なので、「そうは言ってもうちの職場は…」ではなく、「これをうちの職場でやるには…」と考えられるのが、本書の優れている点かな、と。

    繰り返し読みたい良書。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月04日

    言われてみたら当たり前なのに、なぜこんなにも腹落ちする本なのか。感じたのはこの3つ。

    ①みんなが困ってることを取り上げているから

    ②正解はとっている行動の逆にある可能性を示しているから

    ③どこでもできそうなくらい具体的に整理されてるから

    繰り返し読みたい一冊。
    最後の自社で試した
    自分の取り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月14日

    うまくいかないチームを変えるにはどうしたらいいかのヒントがもらえる本です。

    自分のチームがどういうタイプかをまず知って、それに合った方法で再生していくといった内容です。

    とても読みやすくてあっという間に読めました。

    職場の自分の部署も問題山積みなのですが、平社員の自分一人でこの本を読んでもどう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月26日

    チームの体型と、そのチームに合わせた動きが必要であることを学んだ。

    また、個々人の重要視する価値として、お金、ビジョン、キャリアの3点のどれを魅力とするかというのは、前々から自分が考えていた内容なので同じ考え方だったこともありしっくりときた。
    この3点を軸にそえて各社に合わせた制度を模索していくこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月21日

     私も一応部下がいる立場ですので、このチームをいかによい状態で保つかということには、日々悩まされていますし、なかなかこれはという解決法が見つかるわけではありません。というわけで、この本を読んでみたわけです。

     本書が提唱する5つの法則は、章ごとに具体例とともに説明されていて、とても読みやすいです。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月03日

    ・今まで体験してきたことを体系化してくれた本
    プロは感情で動かないという観念を壊してくれた
    ・最高のチームを作ることに尽力していきたい、そう思わせてくれた本
    ・チームに貢献することは、成果を上げることより指標が曖昧で効果が分かりづらい。けれど、私は誰かにとってのメンター、ヒーラー、F1のピットイン時...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月28日

    自分がこれからチームを任されるにあたり参考にしたい1冊。
    チームがチームたらしめる必要条件は「共通の目的」。まずは、ここから実践あるのみ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月26日

    チームをレベルアップさせるためには何が必要?
    →良いチームは法則に従っている。が、必ずしもみんな一緒というわけではない。

    バイアスを解くためにはインフルエンサーを変えろ
    言いたいことを言いやすい環境「心理的安全」を造れ
    独裁的な決定も悪いわけではない。ただ、周りから認められる影響力が必須。→「影響...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月26日

    全ての法則をそのまま全て適用するのはできないと思うし、やるべきではないと思う。
    使えそうな部分、いま必要な部分をつまみ食いするのがよさそう。
    私は具体的にこう適用して成功した、みたいなのは読み飛ばしたけど好きな人は読むとよさそう。

    個人的には、以下のようなことを持ち帰れたと思っているのでよしとする...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月25日

    オーディブルで聞きました。

    チーム運営について、経験論に学術的な知見を含ませながら、論理的に組織を動かしていく方法がわかる一冊。

    自分の今の立場で非常に考えさせられました。
    私見ですが、医療は環境変化も連携も大きな分野。

    今の組織に自分が主体性を持つこと、チーフとしてどのように主体性を持たせる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています