すべての組織は変えられる 好調な企業はなぜ「ヒト」に投資するのか

すべての組織は変えられる 好調な企業はなぜ「ヒト」に投資するのか

作者名 :
通常価格 799円 (727円+税)
紙の本 [参考] 935円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「職場の変革において、彼の右に出る者はいない」――リンクアンドモチベーショングループ代表 小笹芳央「このメソッドと出会えたことで、私の会社は復活した」――株式会社ネットプライス代表取締役社長 小谷北斗サービスや商品の内容だけでは消耗戦に終止符を打つことのできない時代がやってきた。多くのリーダーが忘れがちなのは、この課題に対する根本策が「ヒト」への投資であるということだ。今、好調な企業はこぞって「ヒト」重視の施策を実施している。ある会社ではリーダーの声掛けを変え、ある組織では会議のやり方を変えた。組織改革の雄、リンクアンドモチベーションの気鋭のコンサルタントが明かす、組織をよみがえらせる7つの処方箋。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHPビジネス新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2015年09月11日
紙の本の発売
2015年08月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

すべての組織は変えられる 好調な企業はなぜ「ヒト」に投資するのか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年04月13日

    すべての組織は変えられる

    ・四角い氷を丸くする。いきなりアイスピックで壊そうとしてもだめ。
    ・3ステップが必要。まずは氷をとかす、次に丸い容器にいれる。最後に凍らせる。
    ・チームもこれと一緒。いきなりアイスピックで砕きにいこうとしてもうまく行かない。まずは溶かすことが必要。

    ・5+1=6にはなら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月20日

    組織におけるよくある課題に対し、平易な言葉で具体的な対策を示しており分かりやすい。また、さっと読める長さとなっている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月22日

    どれもこれも、組織のあるあるをこれでもかというくらい突きまくってくる内容。リーダーシップをとらねばならぬ立場にいる人であれば、耳が痛い事ばかり書かれている。社会人9年目の私の目線では共感する部分大、新たに気づいたことも幾つかあり、充実した学びを得られた。
    また、この本の良い所は、著者の麻野さん自信の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月31日

    文章としては
    リンクアンドモチベーション色なのか、
    少し組織、人に重心を乗せすぎな印象の部分はあった。

    とはいえ、組織・人に対して、
    多くの企業が向き合えていない点を指摘し、
    対応についても述べられており、
    全体的な納得感は高い。

    個々の要素としては、
    個人として真新しいことはなかったが、
    要素...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月28日

    大学時代にお世話になった麻野さん(現・リンクアンドモチベーション執行役員)の本。ご活躍されていらっしゃるようで何より。
    マネージャーやリーダーと現場メンバーとの関わり方を、円滑にするためには、正しいことを正しく伝えるだけではダメなのだと改めて感じた。どう伝えるか、どう伝わるか、頭ではわかっていても難...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月21日

    ・リーダーにはそれぞれが求めている意味報酬を見極め、それに応えていくことが必要
    ・理解や共感のためには、相手の話を聞くことが前提
    ・キックオフなどで疑似的にリーダーになってもらう
    ・タイプに合わせて話し方を変える
    ・マネジメントの鉄則は「何が正しいか」ではなく「どうすればうまくいくか」
    ・相手の印象...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月01日

    一般的なマネジメント理論に加え、より人に比重をおいたマネジメントを提唱している。

    危機の際には人比重型も大事だが、労働集約型マネジメントになりがちなのは欠点。どうスケイラビリティを担保していくかにも言及してほしかった。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年06月15日

    読書理由:学生時代に読んだが、会社に入ってから読めば違った視点が得られるだろうと思い、後輩ができた2年目に再読。

    概要:組織はなぜうまくいかなくなるのかが、個別の失敗例や陥りがちな穴を紹介しながら、どうすればよいかが書かれている。

    感想:リーダーはどうすべきかが中心だが、メンバーにも意識しなけれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年10月13日

    ・人間は限定合理的な生き物である
    ・相互不信をまず解く必要がある
    ・陰口や悪口がなくなるだけで組織は激変する
    組織学の権威、リンモチ麻野さんの名著。人の行動を変えるのであれば、勘定よりも感情を優先すべきときがある。とくに相互不信の状態は過去の慣性に引っ張られているだけなことがほとんどなので、まず語り...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年08月18日

    リンクアンドモチベーションの執行役員である麻野さんの著書。組織の問題のほとんどは「人間」の問題、すなわち人と人の「間」に生じるコミュニケの問題であり、勘定ではなく「感情」の問題である。個々の人に問題を求めず、コミュニケの問題として捉えて、アクションすることが重要だぜ、ってなお話。共感するところ多々あ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています