王様に恋した魔女

王様に恋した魔女

作者名 :
通常価格 1,265円 (1,150円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

舞台となる世界には、いくつもの国々があり、ときにお互いに争っていました。その世界には魔女もいて、魔女は忌み恐れられながらも、王様とともに国を守ることもありました。人々から追われながらも、国を守る。そんな魔女達の短編集です。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / よみもの
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
青い鳥
電子版発売日
2018年04月06日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

王様に恋した魔女 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年03月24日

    様々な魔女の姿を生き生きと描いた短編集。魔女といっても、ふつうの女性として暮らしたり、戦ったり、恋をしたり…。当たり前だけど、いろんな魔女がいる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月12日

    ヒヤリとする話もあれば心温まる話もあって、魔女の様々な生き方に唸り魅了される。共通するのは、魔女狩りの嵐吹き荒れる生きにくい時代の中で、信じられる僅かな人や仲間と繋がり大切な者を必死で守ろうとする彼女たちの誇り高く美しい姿。“杖殿”という呼称も魔女に対する敬意が感じられて好きだ。
    「蜘蛛の帷子」と「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月04日

    国を守るとして杖殿と呼ばれた魔女たちをどの王様も欲しがっていた。杖殿を召し抱えるために大金をもいとわない。だから、一般の人々は魔女とわかると金貨欲しさに王様に突き出すのだ。しかし、杖殿として使えないとわかると魔女はすぐに処刑されてしまう。だから魔女たちは名前を名乗らず、人間の女としてひっそりと暮そう...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月04日

    おとぎ話の雰囲気漂う連作短編。

    必ずしもすべてがハッピーエンドなわけではない。そんなもの悲しい雰囲気がとてもいい。とても素敵。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月11日

    りんご畑の作品が好きで読んでみたのですが、まったく作風が違って驚きました。守人シリーズを思わせる重厚感のある文体で、ストーリーは全然違うのに、作品の印象がよく似てます。杖殿というネーミングに見られるように日本風の舞台ですが、魔女狩りという西洋の要素があいまって、独特の世界観を生み出しています。短編で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月27日

    ふんわり繋がった魔女オムニバス。魔女狩りが横行してる設定ですが、やさしい物語ばかり。お気に入りは「3人の杖殿」と偏屈魔女と卵のやつ。身分を超えた信頼関係とか種族を超えた繋がりとかが好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月16日

    "「わたしにはすぐわかりました。あの男は、わたしがあなたを見るのとおなじまなざしで姉君をみつめていました。気がついていただきたいものです。姉妹とも似てらっしゃる。」と、すねてみせた。
    春風の姫君は、まゆをもとにもどすよりはやく、ほおをぽっとそめた。そして、わたしの婚約もまちがっていなかった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年12月04日

    表題となにより表紙が素敵。
    そしてよくみたら柏葉さんだった。
    ああ、すきなものだらけじゃないか。

    表題の恋した魔女の話は、
    そーゆー魔女はいた、とは話にでてくるんだが、
    物語はないのであれ?っとかおもってたら
    結構後半で、でてきた。
    意外となんとゆーか暗め?な話が多いなか、ふふふっと
    楽しく読めた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています