魂を追う者たち

魂を追う者たち

作者名 :
通常価格 1,265円 (1,150円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

七年前の雨季、狩人として名高く、その勇猛さから《牙の民》とも呼ばれるイシーバ族は得体のしれぬ病により全滅の危機を迎えていた。そこで村の呪術師・ムンダワが提案したのが、《虚人》を生む禁術だった。器として選ばれたのは、主人公ディンカの最愛の妹・セゼナ。ディンカは、精霊にまつわる言いつたえを手がかりに、さまざまな生き物がひそむ危険な大草原へ、セゼナの魂を取りもどす旅に出る。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / ファンタジー(国内)
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
児童図書
電子版発売日
2018年03月16日
紙の本の発売
2012年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

魂を追う者たち のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年09月09日

    精霊がもっと身近な世界。魂のありようも、私たちの世界と違う。死者の魂を呼び込むため「虚ろ人」となった妹を案じる姉。さらに妹の魂が何者かに隠されてしまう。魂を求めての旅路で、多くの人に出会い、助けられる。話が進むにつれて、旅の意味が明かされていく。タイトルだけ見ると怖そうだけど、物語の中でどんどん世界...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月26日

    4人の少年少女たちがそれぞれ、負い目を持ちながらセゼナの魂をかえしてもらうため旅をしながらそれそれが成長してゆく話。全てが終わるとき、なぞが解明しかも、すっきり。沼人呪術師アローラが言った「--。この世の全てはつながっているのだよ。他人事などというなにひとつない。」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月28日

    双子の妹セゼナが魂をうばわれた「虚人」になってしまう。
    妹の魂を取り戻すため、旅にでるディンカ。
    精霊やまじないが存在する世界。
    いろんな人に出会い、世界に起きている変事の理由が徐々に説き明かされていく過程は気分爽快!伏線もナイスです。
    でも、動けないセゼナを連れて旅をしているからか、派手な戦闘シー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月21日

    大平原に暮らす“牙の民”の少女ディンカは、ある三日月の夜、双子の妹セゼナのために祈りを捧げていた。魂の座をこじあけられ“虚人”となってしまったセゼナが、無事に儀式を終えられるように。しかし、その祈りもむなしく、セゼナは何者かに魂を奪われてしまう。ディンカはセゼナを抱え、生まれ育った村を飛びだす。そし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月16日

     どこかで見たような設定・世界観とロールプレイングゲームのような直線的ストーリーで、ファンタジー小説としてのオリジナリティは薄いが、「贖罪と赦し」の物語としては要所を押さえて綺麗にまとめているので読後感は良い。エピソードをもっと追加して大長編ないしシリーズものにできそうなので、この分量で終えるのは惜...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月21日

    魂を奪われ「虚人」になった双子の妹セゼナの魂を取り戻すため、旅にでるディンカ。仲間はギバ、リーク。

    ファンタジーな世界だけど、わりといつも結構厳しいよね。
    そこが良いんだけど。
    ギバはいつか報われるかなぁ…笑。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています