わたしの恋人

わたしの恋人

作者名 :
通常価格 1,265円 (1,150円+税)
紙の本 [参考] 1,540円 (税込)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「おれは運命の相手というものを信じている。今はまだ、めぐりあってないけれど……」「わたしは愛情というものを信じていない。くだらない、と思っている」他人との関わりを避けているホラー映画好きの少女、森せつなと、愛情あふれる家庭で優しく育った少年、古賀龍樹。正反対の2人の恋の行方は――?

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
児童書 / よみもの
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
児童図書
電子版発売日
2018年03月02日
紙の本の発売
2010年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

わたしの恋人 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年01月24日

    森せつなは不仲な両親の影響で恋愛や友情を信じていない。一方古賀龍樹はラブラブな両親のせいか明るく素直に育っている。その龍樹が森せつなにひとめぼれ! …初恋って気恥ずかしいものですね。その恥ずかしさやとまどいを真っ向から書いちゃった、有る意味潔い物語。いや、若いって事は…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月27日

    三十路のワタシは赤面しっぱなし。アマーイ。
    まっすぐな恋愛小説です。ふふふ。
    高屋敷先生にさりげなく萌え。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月25日

    初々しすぎて眩しいわっ!!
    んで、眩しすぎて痛い(笑)
    あと、主人公の男の子の真っすぐさもアタシにも主人公の女の子同様に痛かった。
    アタシが勝手に、あんな人やこんな人を思い出してしまっただけやけどwww
    「真っすぐ育った人には分かるまい。」みたいな感じとか?
    あの頃のアタシは僻んでたなぁ。なんて恥ず...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月19日

    2014-8-19
    高校生のきらきら

    古賀くんのまっすぐな思い、きらきらしてた!こっちがキュンキュンきちゃった

    付き合ってくださいなんていわれたのいつぶりだ?笑

    人と関わることで自分のこともわかるし、相手にもっとじぶんのことしってもらいたいとおもうきもちがどんどんましていくー
    どんなに好きでも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月12日

    今時の高校生の話ではない、純粋なストーリー。
    2014.6.12

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月27日

    家族円満な家庭で育った男の子と
    両親が毎日喧嘩している中で育った女の子の恋愛話でした。

    ちょっと思い出したのが、マツリカ*マジョルカでした。
    一歩踏み出そうとしないのは自分

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月28日

    少女漫画を読んでいるようでテレテレしてしまいました。
    せつなのホラー映画が好きな理由には妙に納得です。

    表紙の絵は素敵ですがもう少しポップな感じにすれば
    ヤングな子たちがもっと手に取るんじゃないかな~と思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月09日

    派手なストーリーではない。
    なんとなく好きになって、心が近づいていく様子が丁寧に描かれている。
    森さんが不器用に、自分を守るように小さくなって生きていたところから、古賀君との出会いで、自分は自分と外の世界に出ていけるようになってよかったねと思った。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年01月12日

    出た、せつなパパの「誰のおかげで飯が食えるとおもってるんだ」発言。それ、辰巳渚『父の作法』にもあったNG発言ですから。序盤でせつなを映画に誘う龍樹だけど、その年のころ、気になっている女の子を映画に誘うなんて発想はできなかったな、自分。せつなの、電話番号が書かれた紙を持っているだけでつながりを感じて満...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年09月10日

    幸せな家庭に育った男の子が、クラスでひとり浮いた感じの女の子に一目ぼれしてぐいぐいと迫っていくが、女の子もなんだかそれがうれしくなっちゃって、という一直線なストーリー。この作品だけを読む分だと、この二人がだんだんくっついていきつつ、女の子のほうは、自分自身の家庭の悩みとかはきっとわかってもらえないん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています