お雇い外国人 明治日本の脇役たち

お雇い外国人 明治日本の脇役たち

作者名 :
通常価格 1,045円 (950円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

明治時代、日本の招きにより、近代化の指導者として大勢の欧米人が渡来した。その国籍は英、米、独、仏等にわたり、活躍の場も政治、法制、軍事、外交、経済、産業、教育、学術と多岐にわたった。日本での呼称そのままに、自らをYATOIと称する彼らが果たした役割はいかなるものであったか。日本繁栄の礎を築いた「お雇い外国人」の功績をさぐる。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社学術文庫
電子版発売日
2016年12月16日
紙の本の発売
2007年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
20MB

お雇い外国人 明治日本の脇役たち のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年12月12日

     日本の近代化の基礎を築いたお雇い外国人を概観する一冊。政府雇用の外国人が1874~1875年にかけて約500人もいたことは驚愕。個々のエピソードは表面的だが、お雇い外国人の歴史的意義を知るには適当な本だと思う。
     成文法が発展したフランスを参考に民法を制定するためボワゾナードを、立憲政治の導入を図...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

講談社学術文庫 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング

梅渓昇 のこれもおすすめ