米中戦争 そのとき日本は
  • 値引き

米中戦争 そのとき日本は

作者名 :
値引き価格 616円 (560円+税) 11月5日まで
通常価格 880円 (税込)
紙の本 [参考] 924円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

中国軍は、あなどれない。日本は必ず巻き込まれる。はたして勝者は? 自衛隊元最高幹部が、「台湾」「南沙諸島」「尖閣」「南西諸島」の4つのシナリオを用いて米中戦争・日中紛争を正面から論じた初の本。日本はいま、この時代に何をなすべきなのか?

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会問題
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
電子版発売日
2016年11月25日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
18MB

米中戦争 そのとき日本は のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年02月02日

    246頁にあるように、「左翼勢力のように平和、平和と唱えていれば平和が達成されるという考えは大きな間違いである」全くそのとおり。2年前の本だが、現在まで、中国の軍事的脅威は筆者の危惧通りに進んでいる。沖縄問題がメディアで語られるとき、なぜ中国の脅威と関連づけた説明がなされないのか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月02日

    集団的自衛権のときに「日本が戦争に巻き込まれる」と騒いでいたが、どうやっても巻き込まれるときは巻き込まれるのはわかりきったことで、何が起きて、どのように準備するのが良いのかがわかりやすく書かれていてよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月05日

    【読中感想】#無知は恥
    米も中(もちろん我が国も)も、国益を守るため、あらゆる手段を尽くしている。一見平和に見える世の中も、笑顔振りまく隣国も、必ず裏がある。なぜ?どうして?と考えて、理解に努める事は最低限必要な事ではないかと思います。

    軍事に関する専門用語が並んでいるため、内容は難解である、の一...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年03月11日

    陸・海・空・宇宙・サイバーの5ドメイン

    台湾有事
    数で圧倒する中国の中距離ミサイルにより
    普天間、嘉手納基地は打撃を受ける。
    対艦巡航ミサイルを積んだ潜水艦により空母も同様。

    航空戦は中国本土の航空基地を攻撃することで改善はされるが、規模の差で米軍不利。

    潜水艦では探知能力の性能差から米軍が圧...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています