モテと非モテの境界線 AV監督と女社長の恋愛相談

モテと非モテの境界線 AV監督と女社長の恋愛相談

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
紙の本 [参考] 1,078円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「現代ビジネス」で大人気の人生相談連載が待望の書籍化。恋愛にまつわる著書を数多く持ち、若い男性から圧倒的に支持されるAV監督・二村ヒトシと、女性に特化した人材コンサルティング会社を経営する傍ら、婚活塾「魔女のサバト」も主催する川崎貴子。ふたりが現代の若者たちの恋愛・結婚についての悩みに答えます。時に鋭く、時に笑える名回答の数々は、モテない男性だけでなく、恋愛に悩む女性も必読です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
講談社
電子版発売日
2016年07月01日
紙の本の発売
2016年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

モテと非モテの境界線 AV監督と女社長の恋愛相談 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年05月14日

    「なぜ愛」を読んで面白かったので本書を手に取りました。今回は対談という形で、話がさらに入って来やすかった。
    恋愛、結婚するなら別にすごいスペックを持つわけでなく普通の独身男性でいいんだ!と思いますが、そんな「普通の独身男性」がいかにいないかもよく分かった(笑)
    昨年ヒットした逃げ恥の平匡さんもスペッ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月29日

    異性とのコミュニケーションの結果、自分を変えることが対話。
    共通点を見つけ、興味を示し、自己開示する。
    男性は女性より自分の心を見つめない傾向がある。
    交際、結婚とは、自分の心の穴を知るための行為。心の穴を埋めるための行為ではない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています