私たちが仕事をやめてはいけない57の理由

私たちが仕事をやめてはいけない57の理由

作者名 :
通常価格 1,144円 (1,040円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

もっと自由に、もっとしたたかに、もっと評価されて働ける、アラサーのバイブル! 男性が先に昇進するのはなぜ? 仕事でも美人は得している? 後輩の指導って私の仕事? 女子の様々な仕事問題を全てすぱっと解決! 1万人以上の働く女性を見てきた「女性マネージメントのプロ」が教える華麗な処世術!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
大和書房
電子版発売日
2017年12月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

私たちが仕事をやめてはいけない57の理由 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年08月19日

    仕事を辞めたくはないけど、と不安になっている自分の状況にちょうど合った本。
    毒舌な語り口ですが書いてあることは的を得ているので、
    面白く読めました。
    まだ結婚していない方から、子供が出来た人まで、幅広いステージの女性が楽しめると思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月07日

    作者は同い年。
    「働くことは筋トレです。使わなければ、すぐに、筋肉は落ちてしまいます。」
    「女性が自由に、幸せに生きていくためには「経済力がらあること」が欠かせない」
    「男性が親の介護を機に時短勤務になったり、産休や育休よりも先の見えない介護休暇を取ったり、あるいは退職したりするのはほぼ確実な未来」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年09月25日

    時に深く頷き、時に爆笑!
    働く女性にぜひ読んでいただきたいです。
    全てにおいて俄然やる気が出てくる事間違いなし!

    子供を保育園に入れてまで働く事に迷いを感じる女性に
    保育園に入れても「盗んだバイクで走り出す子」にはならない
    って…
    爆笑!!

    キャリア思考の女性にも参考になるお話が満載です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年05月24日

    育休からの復職を前に、恐れおののいている自分がいる。周囲からの白い目、休んでいる間に大きく環境が変わり分からないことだらけだったらどうしよう、育児と仕事の両立ができなくてにっちもさっちもいかなくなったらどうしよう、と不安だらけ。けれど、無駄に恐れるのではなく、どんなことが起こっても、どんなにいじめら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月13日

    女性はライフステージにより、仕事を辞めやすいポイントがあるように思う。そのポイントポイントで、著者の先輩としてのアドバイスを挟みながら、アラサー女性にエールを送っているような本だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月18日

    遠方のイオンモールで久々に羽休めをしたく、本屋で見つけてスタバで読んだ本。全部は読めなくて、残り半分は家で読んだ。

    ストレートな語りで、ざっくりした例えを使って(それがけっこうおもしろい笑)、自身の経験を交えながら進行されるので読みやすい。そうそう!!という語り多し。

    就職前、職場で悩んでる、結...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    わたしは読まなくてもいい本

    あきこ 2020年11月01日

    フルタイムで働きながら小学生の子供3人を育てている今の一番の悩みは期待した程の解決には至りませんでした。
    (試し読みで読めましたが)若い女性社員ばかり男性社員に気に入られる、みたいな項目と、子育てしながら仕事を続ける辛さをどう考えて乗り越えるか、みたいな項目が参考になりました。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年10月22日

    やめて再就職で四苦八苦している身としてはつくづく同感する。といっても反対側からであるが。嫌われないおばあちゃんバイトを目指します。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています