2020年の大学入試問題

2020年の大学入試問題

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※この作品には販売期限があります。
2019年10月31日を過ぎると販売を終了致します。

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

2020年大学入試改革のすべて。東大京大早慶大、医学部の入試問題はどうなるか? 必要な学力、求められる人材とは?「アクティブ・ラーニング」という学びの重要性。リベラルアーツ(教養)は必須。英語はどう学ぶか?歴史と化学が合体する!? 数学が一番変わる。「開成」はそれでも一番であり続けるか?文科省が示す「国語」「数学」「英語」予想例題ほか。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
電子版発売日
2016年02月26日
紙の本の発売
2016年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

    Posted by ブクログ 2016年02月29日

    「アクティブラーニング」「高大接続」「SGH」…なんとなく使われている教育関係のキーワードの底流にある変革の本質に触れることができました。中教審の答申が出る前から高校教育の現場に立って自分なりの「モヤ感」に立ち向かってきた筆者だからこその本です。表紙扉の写真に何度、立ち戻ったことか…その度に自分も感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月01日

    何が求められる可能性があるか、漠然としていたことだったが、お陰さまでみえてきた気がします。帆のないふねにならないように知識はしっかり習得し、思考力を鍛えようとおもう。しかし、嘉悦有明の生徒さんは、こんなに考えてくれてる先生がいてくれて、心強いね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月20日

    2020年から変わる・かわる、と言われている大学入試が、何を狙い、どうして変わらないといけないのかを明確に説明している一冊です。
    これでいいのかな、、、と思う反面、今のままの暗記中心の勉強が役にたつわけがないことは誰もが同意できるところと思います。
    子育て中、孫育て中の「旧世代」の勉強をしてきた自分...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月09日

    クリティカル・シンキングやクリエイティブ・シンキングが重要なことはとてもよくわかるのですが、その前提となる知識がなくては、やはり戦えないと思うのです。
    しかしながら、その知識の部分について、あまりにも軽視しているようで、不安になりました。
    また、著者の理系的なセンスには、かなり疑問をもちました。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月26日

    着々と迫ってくる入試改革。
    こうしてみると、改めて日本の入試の不思議が見えてくる。
    グルーバル社会に乗り込む若人たちのために
    大人は頑張るしかないのだろうな。

    でも、日本の入試がまったくだめだったわけじゃない。

    日本の良さを残しつつの意識改革。
    みちのりははるか遠いなぁ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月04日

    最近喧しくなりつつある?新しい大学入試。
    どんなのかと、好奇心で読んでみた。
    知識の理解とその応用、論理力、思考力を問うだけでなく、その上での創造力、主体性や協働性をとうものになるだろう、とのこと。
    これは、国際バカロレアやイギリスのGCSEなど、欧米の中等教育修了時の試験に匹敵するレベルの試験を目...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月30日

    著者は、かえつ有明中学校・高等学校の校長先生。

    内容は単に大学入試にとどまらず、
    国際化グローバル化により、世界では
    どのような人材が求められているのか、
    日本の教育で果たして「自分軸」はしっかり
    育つのか?と言った教育論、人生論のような
    深みのあるものでした。

    本質的なことを何も理解しないまま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月31日

    2020年に大学入試が大きく変わるわけですが、それに対する著者の学校の取り組みについて主に書かれた本です。
    中高一貫校での実践であるため、3年の課程ではなかなか難しいのではないかと感じました。
    著者の主張としては、
    生徒に、
    「自分軸」・・・物事に対する自分なりの理解や考え
    「モヤ感」・・・先生の話...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月05日

    15
    ・自分軸をコンペアコントラストを活用して定めていく。
    ・ルーブリックという新たな評価指標がある。
    ・思考力、判断力、表現力が求められる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月20日

    今後必要となるのは、知識、技能だけでなく、批判的氏思考力、想像的思考力、協働性、多様性、主体性などなど。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています