刺青・性・死 逆光の日本美
  • 値引き

刺青・性・死 逆光の日本美

作者名 :
値引き価格 731円 (665円+税) 12月3日まで
通常価格 1,045円 (税込)
紙の本 [参考] 1,155円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

刺青、それは閉ざされた美である。暗黒のゆえに極彩の美である。秘めよ、秘められよ、開かれてはならない。いつの日にも俗物への、体制への、衝撃であらねばならない――。生命に彫り込まれた虚構、解脱を拒否した無頼の詩語。それはいかにして芸術に高まったのか。異端美の系譜を追究し続けた著者による、日本刺青の精神史。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社学術文庫
電子版発売日
2016年02月26日
紙の本の発売
2016年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

刺青・性・死 逆光の日本美 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年03月29日

    日本の正史から弾かれた異端の男たちが皮膚に刻んだ刺青。幼い頃から刺青者に惹かれ続けた筆者は、日本における刺青の精神が「情死」に近いものであるとし、「性」と「死」をキーワードに、日本のもうひとつの精神史に切り込んでいく。


    書き出しがすごい。「ある砂浜の油でりー幼い私は波打ちぎわにはかない砂の城を築...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています